伊勢原版 掲載号:2018年5月4日号
  • LINE
  • はてぶ

神輿渡御に興奮 比々多神社で例大祭

社会

担ぎ手の勇ましい掛け声が響き渡った
担ぎ手の勇ましい掛け声が響き渡った
 市内三ノ宮の三之宮比々多神社で4月22日、例大祭が執り行われた。

 この祭りは白鳳時代から続く神事で、国土創造の神をたたえ、豊作を祈願するもの。

 この日は勇壮な祭り神輿や華やかな山車を一目見ようと多くの人が神社を訪れた。氏子青年会の「三和会」、「栗原祭保存会」、「神戸青年会」が担ぎ手となる神輿渡御では「イヤートーサッセ(弥遠に栄えたまえ)」の掛け声とともに神社を出発(宮出し)。氏子地域を練り歩いた。勇ましい掛け声が響き渡る中、カメラを構えた人たちが沿道を埋め尽くした。

 宮出し後、境内の神楽殿では相模里神楽の奉納が行われ、多くの人が伝統行事に見入っていた。

 そのほか、加藤清正らを模した人形を乗せた高さ7メートルの三基の人形山車や、ちまき行事、植木市など200軒が軒を連ねる露店も祭りに花を添え、会場は大勢の来場者で1日中賑わった。

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク