伊勢原版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

伊勢原高校 2つの部が関東へ 女子バレーとライフル射撃

スポーツ

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
41回目の関東出場を決めた女子バレーボール部
41回目の関東出場を決めた女子バレーボール部

 伊勢原高校の女子バレーボール部とライフル射撃部の3人が、このほど県内各地で行われた県予選会で好成績を収めた。これにより女子バレーボール部はきょう5月31日(金)から千葉県内で、ライフル射撃部は6月8日(土)から埼玉県内で開催される、それぞれの関東大会への出場権を手にした。

 女子バレーボール部は5月11日・12日に行われた県予選でベスト8に入賞し関東大会への出場を決めた。 

 各地区予選を突破した60校によって競われた県予選。伊勢原高校はシードで出場し、2回戦の相洋、3回戦の大和南をいずれもストレートで下し、8強へ。4強入りを目指し迎えた準々決勝では横浜隼人と対戦。相手の向ってくる姿勢に圧倒され1セット目を20対25で落とした。後がなくなった2セット目、一時はリードするも、逆転を許し23対25で惜敗。上位8校に与えられる出場権を得て関東大会出場を決めた。同部の関東出場は、通算41回目で、県内最多となる。

 部員数37人と県内でも有数の大所帯の同部。今年の同部は身長の高い選手は少ないが、レシーブで粘り、つなげていくのが特徴の守りのチーム。チームキャプテンの今村奈々美さん(3年)は「昨年、一昨年と関東では初戦で敗れてきた。県予選では精神面の弱さが出たので、全員で声をかけあって、チャレンジャーの気持ちでまず1勝したい」と意気込みを話した。

 初戦の相手は埼玉県の花咲徳栄高校。中坂慎次郎監督は「持っている力を出し切るようなプレーをしてほしい」と話した。

3人が出場

 伊勢原射撃場で4月27日行われた県予選には、エアライフル部門(ARS60MJ)とビームライフル部門(BRS60MJ)に71人がエントリー。荒木基励さん(3年)と久保田佑さん(2年)がエアライフル、平井爽太さん(3年)がビームライフル部門で揃って関東大会へ出場を決めた。

 荒木さんと久保田さんが関東への切符を手にしたエアライフル部門は、75分の制限時間内に60発の玉を10m先の的に当て、その合計点(654点満点)で競う競技。一方、ビームライフル部門は、制限時間は45分で60発の合計で競う競技。どちらも高い集中力や体幹の強さなどが求められ、0・1点の差が順位を左右する。

 荒木さんは603・8点で2位、久保田さんは575・1点で5位に入賞。平井さんは603・5点で6位に入賞し、関東への切符を手にした。

 部長の荒木さんは「去年も関東には出場したが上位入賞の8人に入れなかった。今回は入賞を目指したい」、久保田さんは「自己ベストの600点が目標」、平井さんは「前回の関東では力が出せなかったので、今回は記録を上回りたい」とそれぞれの思いを語った。顧問の石塚靖夫教諭は「3人とも練習熱心。大会で良い結果を残してさらに成長してほしい」と話した。

左から久保田さん、荒木さん、平井さん
左から久保田さん、荒木さん、平井さん

伊勢原版のトップニュース最新6

世界トップ選手が集結

クレー射撃

世界トップ選手が集結 社会

大山観光でおもてなし

7月12日号

大山に丸型ポスト移設

大山に丸型ポスト移設 文化

国際観光PRに活用

7月12日号

引揚救助で関東へ

市消防本部

引揚救助で関東へ 社会

3年ぶり全国目指す

7月5日号

市制50周年へ向け議論

市制50周年へ向け議論 政治

キャッチフレーズ候補を検討

7月5日号

市民後見人の活動知って

市民後見人の活動知って 社会

新たな担い手養成へ

6月28日号

7月から公共施設有料化

7月から公共施設有料化 政治

経費の一部 利用者負担

6月28日号

免許証の自主返納進む

免許証の自主返納進む 社会

高齢者の交通事故も増加

6月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

護身術を学ぶ教室

参加無料

護身術を学ぶ教室

8月3日に中央公民館

8月3日~8月3日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク