伊勢原版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

児童発達支援の拠点開設 10月1日に供用開始

社会

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena
開設準備中の児童発達支援センター
開設準備中の児童発達支援センター

 伊勢原市は、伊勢原市児童発達支援センター「おおきな樹」を、市内伊勢原に10月1日(火)に開設する。心身の発達において特別な配慮が必要な児童に対して、自立して生活できるような援助などを行う中核的な施設の役割を担い、市内では初開設になる。

 市児童発達支援センターは、発達障害や知的障害など症状の重い未就学児童が対象の通所施設。児童指導員や臨床心理士、保育士らが日常生活における基本的動作の指導や集団生活への適応訓練などを行い、児童らの生活の自立を支援する。

 厚生労働省が障害児福祉計画の中で、2020年度までに人口10万人に対し1カ所施設を設置するという指針を示したことを受け、市が運営事業者を募集。応募のあった事業者の中から、選考委員会の審査の結果、市内で放課後等デイサービスを運営するなどの実績がある、特定非営利活動法人リオフィールドに運営の委託を決定した。

 同施設は、今年3月末で閉園した中央保育園を利活用。定員は1クラス10人の3クラスで30人を予定している。

 同センターは日常生活の指導などを行うほか、小学校などの訪問や関係機関との連携、福祉サービスを受けるために必要な受給者証の交付や、児童に関する各種相談など、これまで別々に実施してきた事業を1カ所で行う。市障がい福祉課の担当者は「これまで市外の施設に通っていたお子さんが平日、毎日市内で通えるようになる。各種相談窓口としても活用してもらえれば」と話す。

伊勢原版のトップニュース最新6

優良工場に磯崎絞製作所

県表彰

優良工場に磯崎絞製作所 経済

高精度の加工技術が評価

1月24日号

大山観光に新アプリ

大山観光に新アプリ 社会

平成大山講PJが開発

1月24日号

救急出動が過去最多

伊勢原市消防本部

救急出動が過去最多 社会

11年連続で増加

1月17日号

「千載一遇の機会に」

新春市民の集い

「千載一遇の機会に」 政治

高山市長が所信表明

1月17日号

「つつがなく一年進む」

大山

「つつがなく一年進む」 文化

阿夫利神社で筒粥神事

1月10日号

1085人が門出

伊勢原市成人式

1085人が門出 社会

13日に令和初の式典

1月10日号

産業・観光施策を充実

産業・観光施策を充実 政治

新春インタビュー 高山市長に聞く

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク