伊勢原版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

伝統技術を次世代へ 大山こま絵付け体験

文化

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena
真剣に色付けを体験する参加者
真剣に色付けを体験する参加者

 伊勢原市立中央公民館で9月7日、大山こま絵付け体験が行われた。

 市指定文化財の大山こまの製作技術の伝承を目的に行われた同体験。この日は25人の小学生とその保護者らが参加し、現役の職人である播磨啓太郎さん(88)と金子吉延さん(69)の指導のもと、ろくろでこまを回転させながら筆やマジックで色付けする作業などを体験した。父親の浅見直樹さん(40)、姉の優心さん(6)と一緒に参加した太陽くん(4)は「はじめてだったけれど、楽しかった。格好いいこまができた」と笑顔で話していた。

現在4軒で生産

 2017年にその製作技術が市の指定文化財として認定された大山こま。大山詣りが盛んになる江戸時代中期には、金運が付いて回ると言われ、「家内安全」「商売繁盛」を呼び込む縁起物として参拝者が買い求めた。江戸時代大山には26人の職人(挽物師)がいたとされるが、現在では4軒の工房でのみ生産されている。

MADOショップ平塚真土店

台風シーズンに貼れば安心「飛散防止フィルム」

http://kobayashikenso.co.jp

伊勢原市私立幼稚園協会 

22年度園児募集 子どもが初めて出会う”学校”めぐり

http://kids-isehara.com/

<PR>

伊勢原版のローカルニュース最新6

オンライン子育て講座

オンライン子育て講座 社会

9月17日から全3回

9月10日号

幼稚園の仕事とは

幼稚園の仕事とは 文化

25日 就職説明会

9月10日号

財団最高位賞を受賞

国際ソロプチミスト伊勢原

財団最高位賞を受賞 社会

AEFA理事長を推薦

9月10日号

学校説明会に登壇

JC国連大使

学校説明会に登壇 教育

SDGs活動などを報告

9月10日号

伊勢原の民権家を知る

伊勢原の民権家を知る 社会

19日に雨岳文庫で講座

9月10日号

「全国出場を支援して」

草野球チーム

「全国出場を支援して」 スポーツ

クラファンを開始

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook