伊勢原版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

イチゴ狩り、2月上旬から 市内2園で順次実施予定

社会

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
イチゴの生育状況を確認する川島さん
イチゴの生育状況を確認する川島さん

 市内小稲葉のイチゴ農園川島園と笠窪の都築園で、イチゴ狩りが始まる。川島園は2月5日(土)から、都築園は2月中旬からの予定。

味が濃く、甘い品種が人気

 イチゴは「フルーツの里」として知られる伊勢原の特産物の一つ。市内では「さちのか」「おいCベリー」「紅ほっぺ」など味が濃く、甘い品種が栽培されている。

 市内のイチゴの栽培面積は約145アール。栽培農家は12戸で、イチゴ狩りを行うのは川島園と都築園の2戸。イチゴは各園の直売所で販売されているほか、JA湘南直売所「あふり〜な」などで販売されている。

 1月11日にメディア向けに農園を公開した川島園の川島一彦さん(59)は「秋に気温が高かったので、例年に比べイチゴの生育が早く出荷量を心配したが、2月は豊作になり、味もおいしくなるのでは」と話している。

 生育や新型コロナウイルス感染症の状況によって、イチゴ狩りの日程変更もあるため、事前に問い合わせを。(問)川島園【電話】0463・95・1877、都築園【電話】0463・92・6277(昼間)か【電話】0463・94・0375(夜間)

伊勢原版のローカルニュース最新6

西湘さつき愛好会が催し

西湘さつき愛好会が催し 社会

中央公民館で28日、29日

5月20日号

伊勢原を明るく元気に

伊勢原を明るく元気に 社会

湘南イセハライチが盛況

5月20日号

40人が熱戦繰り広げる

伊勢原みちのく会

40人が熱戦繰り広げる 社会

30周年の記念大会

5月20日号

収益金で20万円寄付

チャリティーコンサート

収益金で20万円寄付 社会

ウクライナの子どもへ

5月20日号

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月20日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 社会

レアリア内特設ページで

5月20日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook