愛川・清川版 掲載号:2016年10月21日号
  • LINE
  • はてぶ

マジック愛川クラブの会長を務める 井上 桂さん 愛川町中津在住 64歳

「ありがとう」が嬉しくて

 ○…来月20日のマジックフェスティバルに向け、会員一同練習に熱がこもる。クラブの歴史は30年以上だが、マジックフェスティバルは今年が5回目。毎年開催するのではなく、メンバーの機運が高まってきた時に開催する。「無理して続けると質が落ちてしまう。気分が乗ってきた時ならみんなの熱意も違う」。3年ぶりの大舞台に腕が鳴る。

 ○…クラブは十数名の会員がおり、子ども会や自治会のイベントなどボランティアで芸を披露する。通常のマジックの他に自身の十八番は「腹話術」。相棒の「ケンちゃん」とともに軽妙なトークで会場を沸かせ、マジックで魅せる。「最初は固くなっている人も徐々に笑ってくれるようになって、最後は『楽しかった。ありがとう』と言ってくれる。それが何より嬉しい」と、レクリエーション活動の魅力に満面の笑み。

 ○…中津で生まれ育った。家は代々「指物師」で、父や祖父はオーダーメイドの桐タンスを作る職人だった。長男だったが、小学生の頃から教師を目指した。安価な海外製品の台頭や、良質な材料の希少化…。職人に厳しくなる将来を見越したのか「父も夢を認めてくれてね」と振り返る。中津第二小学校で教員の第一歩を踏み出し、その後厚木に転勤。依知南小や相川小、戸室小では校長も務めた。入学式にはケンちゃんとともに壇上に立ち腹話術であいさつ。「卒業式でもやろうかと思ったら『さすがにそれはやめましょう』ってみんなに止められちゃった」と少年のように笑う。

 ○…退職した今は国内外の旅行が夫婦の楽しみ。町レクリエーション協会会長や県央マジック連盟の理事長など二足、三足のわらじを履く多忙な生活だが、「毎月どこかに行っているよ」と日々充実。今、力を入れているのは昨年設立したユニカールクラブ。「いずれ協会として組織も強化していきたいね」。レクリエーションの伝道師として、まだまだ情熱は止まらない。

愛川・清川版の人物風土記最新6件

萩原 智恵子さん

よさこいダンスチームFunnyの代表を務める

萩原 智恵子さん

10月19日号

吉島 崇憲(たかのり)さん

動物愛護啓発活動などを行う「清川しっぽ村」代表を務める

吉島 崇憲(たかのり)さん

10月5日号

三浦 祥子(さちこ)さん

愛川町の有害鳥獣対策実施隊で唯一の女性隊員として活動する

三浦 祥子(さちこ)さん

9月21日号

佐藤 誠三さん

かやねずみ先生として県立あいかわ公園で自然イベントの講師を務める

佐藤 誠三さん

8月3日号

後藤 務さん

愛川町シルバー人材センターの理事長を務める

後藤 務さん

7月6日号

五本木(ごほんぎ) 駿士(しゅんじ)さん

青龍保存会の最年少会員として活動する

五本木(ごほんぎ) 駿士(しゅんじ)さん

6月8日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク