愛川・清川版

トップニュースの記事一覧

  • 「懐かしの学び舎から」

    町郷土資料館企画展

    「懐かしの学び舎から」 文化

    教科書や写真を特別展示

     県立あいかわ公園内にある愛川町郷土資料館で10月10日(水)から11月30日(金)まで、企画展「懐かしの学び舎から」が開催される。明治から昭和の懐かしい小学校...(続きを読む)

  • 今期限りで勇退へ

    今期限りで勇退へ 社会

    大矢村長 議会で表明

     清川村の大矢明夫村長(70歳)が9月5日、清川村議会9月定例会の本会議で2019年2月に行われる村長選挙に出馬しない意向を表明した。岩澤敏雄議員の一般質問で回...(続きを読む)

  • 学生目線で清川活性化

    学生目線で清川活性化 社会

    連携に向け見学会

     地域活性化に取り組む清川村が9月3日、相模女子大学(相模原市南区)の学生を招き、村内見学ツアーを開催した。村と同大学で進める商品開発プロジェクトの一環で、今後...(続きを読む)

  • ロックで清川活性化

    ロックで清川活性化 文化

    有志が初の野外フェス

     「清川村を音楽で盛り上げたい」。そんな若者たちが9月1日、宮ヶ瀬湖畔園地の野外音楽堂で初の「清川Rock Fes in宮ヶ瀬2018」を開催した。主催の実行委...(続きを読む)

  • JAFと観光協定

    愛川町

    JAFと観光協定 社会

    情報の発信強化に期待

     愛川町と一般社団法人日本自動車連盟(JAF)神奈川支部が観光協定を締結し8月28日、町役場で締結式が行われた。今後はJAF会員への観光情報発信や、イベントでの...(続きを読む)

  • 「日本一過酷な駅伝」完走

    仏果スカイクラブ

    「日本一過酷な駅伝」完走 スポーツ

    初出場で21位健闘

     仏果山を拠点に活動する「Bukka Sky Club(仏果スカイクラブ)」が8月5日、「日本一過酷な駅伝」と言われる秩父宮記念第43回富士登山駅伝競走大会に出...(続きを読む)

  • 「賑わい」重視で青写真

    半原水源地跡地利活用

    「賑わい」重視で青写真 社会

    愛川町・まち協 意見交換会

     愛川町が半原で進めている「観光・産業連携拠点づくり」で7月30日、愛川地区まちづくり協議会が町と基本計画に関する意見交換会を開催。拠点の「青写真」となる基本計...(続きを読む)

  • 菅原剣士会が優良賞

    全日本少年少女武道錬成大会

    菅原剣士会が優良賞 スポーツ

    3年ぶりの入賞

     日本武道館で7月21日と22日、全日本少年少女武道(剣道)錬成大会が開催され、愛川町を拠点に活動する菅原剣士会が準優勝にあたる優良賞に入賞した。...(続きを読む)

  • 開館10年で特別企画

    愛川町郷土資料館

    開館10年で特別企画 文化

    未公開資料など展示

     愛川町郷土資料館が今年で開館から10年を迎え、7月21日(土)から8月31日(金)まで、企画展「開館10年〜愛川の自然資料〜」を開催する。未公開資料や絶滅危惧...(続きを読む)

  • 自治会加入に特典導入

    自治会加入に特典導入 社会

    六倉区が独自のポイントカード

     自治会の加入率低下に悩む地域が多いなか、愛川町の六倉区(平川利夫区長)が今年5月から、自治会加入者を対象にした独自のポイントカード制度をスタートした。自治会加...(続きを読む)

  • 新メニュー「茶パスタ」考案

    地域おこし協力隊

    新メニュー「茶パスタ」考案 社会

    道の駅イベントでお披露目

     清川村で活動する地域おこし協力隊が7月15日(日)、道の駅清川で行われるイベントでブースを出店。清川冷茶の販売や流しそうめんを行うほか、お茶を活用した新メニュ...(続きを読む)

  • スポーツ感覚で河川清掃

    スポーツ感覚で河川清掃 スポーツ

    町職員親睦会が初企画

     愛川町職員親睦会が6月30日、田代運動公園前の中津川河川敷で「スポーツごみ拾い」を初めて開催した。町職員や家族ら約70人が参加し、行楽客で賑わう河川敷からごみ...(続きを読む)

  • ドローンで鳥獣対策

    ドローンで鳥獣対策 社会

    環境調査が効率化

     愛川町の田代地区で6月13日、ドローン(無人航空機)を使った鳥獣被害対策現場の環境調査が初めて行われた。調査は主にイノシシに主眼が置かれ、掘り起こしの痕跡や獣...(続きを読む)

  • 小野澤町政2期目へ

    小野澤町政2期目へ 政治

    小島氏破り再選

     任期満了に伴う愛川町長選挙は6月17日に投開票が行われ、現職の小野澤豊氏(65歳)が新人の小島淳氏(37歳)を破り、再選を決めた。投票率は前回を12・16ポイ...(続きを読む)

  • 教員も「プログラミング」勉強

    教員も「プログラミング」勉強 教育

    必修化見据え初の研修会

     愛川町立中津第二小学校で5月30日、「プログラミング教育研修会」が開催された。プログラミング教育が2020年度から小学校で必修化されることを見据えたもので、同...(続きを読む)

  • 清川に「大人の憩い場」構想

    清川に「大人の憩い場」構想 社会

    来春のオープン目指す

     清川村煤ヶ谷にあるNPO法人結の樹・よってけし(岩澤克美理事長)が6月から、村内に「大人の楽しめる自然フィールド」を作るプロジェクトを進めている。岩澤理事長が...(続きを読む)

  • 説明会に2陣営参加

    愛川町長選挙

    説明会に2陣営参加 政治

    6月12日告示、17日投開票

     任期満了に伴い6月12日(火)告示、同17日(日)に投開票される愛川町長選挙を前に、愛川町役場本庁舎で5月17日、事前説明会が開催され、現職と新人の2陣営が出...(続きを読む)

  • 届け スポーツの力

    愛川町在住太田康治さん

    届け スポーツの力 スポーツ

    コスタリカで大会企画

     愛川町中津在住の太田康治さん(桜美林大学リベラルアーツ学群4年)が、仲間とともに今年8月、中米のコスタリカ共和国で私立校2校を対象にバスケットボールとサッカー...(続きを読む)

  • 環境美化に協力金募る

    愛川町

    環境美化に協力金募る 社会

    GWの中津川で試行

     愛川町が大型連休中の5月1日から6日にかけて、中津川の田代運動公園前河川敷への来場者に「環境美化協力金」を募った。以前から課題となっている河川環境保全対策とし...(続きを読む)

  • 愛川で「竹づくし」の1日

    愛川で「竹づくし」の1日 社会

    町民団体が地域資源活用

     愛川町の仙台下河川敷で4月22日、竹づくしのイベント「竹ラボ」が開催された。有志団体の「あいかわ暮らすラボ(あいラボ)」と「竹トレらん部」が共同主催したもので...(続きを読む)

  • 郷里愛川で冒険語る

    荻田泰永さん

    郷里愛川で冒険語る 社会

    町文化会館で講演会

     日本人初の無補給単独徒歩による南極点到達を成功させた冒険家・荻田泰永さんの講演会が5月20日(日)、愛川町文化会館で開催される。自身のこれまでの冒険や、新しい...(続きを読む)

  • 都心と村つなぐ拠点新生

    道の駅「清川」

    都心と村つなぐ拠点新生 社会

    食堂が本格オープン

     道の駅清川の指定管理者が4月1日から農業ベンチャー企業の(株)アグリメディア(本社東京都新宿区)に変わった。4月13日には、地元食材を楽しめる食堂「恵水(めぐ...(続きを読む)

  • 愛川の軌跡が一冊に

    愛川の軌跡が一冊に 社会

    古写真集「故影拾遺II」発刊

     明治から昭和60年代までの愛川町を撮影した古写真集「故影拾遺II」が発刊され、4月3日から町郷土資料館などで販売が始まった。愛川町古写真調査会が収集した古写真...(続きを読む)

  • 小野澤町長が出馬表明

    小野澤町長が出馬表明 政治

    中学給食や新拠点で続投意欲

     小野澤豊愛川町長(65歳)が3月30日、町役場本庁舎で記者会見を行い、任期満了に伴い6月17日(日)に行われる町長選挙へ立候補する意思を正式に表明し...(続きを読む)

  • モンベルと包括協定

    県央4市町村

    モンベルと包括協定 社会

    観光や防災など幅広く連携

     愛川町や清川村など県央の4市町村が3月18日、アウトドアメーカーの(株)モンベル(本社・大阪市西区)と包括協定を締結した。環境、教育、防災など幅広い分野で連携...(続きを読む)

  • 村民待望のオープン

    クリエイト清川店

    村民待望のオープン 社会

    村との防災協定も締結

     清川村煤ヶ谷で3月16日、きよかわくらし応援館(クリエイト清川店)がオープンした。同店では、日用品や医薬品のほか食料品も販売。村民にとって待望の新店舗オープン...(続きを読む)

  • ダムアワード初受賞

    宮ヶ瀬ダムなど相模川水系

    ダムアワード初受賞 社会

    昨年の渇水対策評価

     ダムファン有志などが、その年に活躍したダムを表彰する「日本ダムアワード2017」で、宮ヶ瀬ダムを含む相模川水系の総合運用が「低水管理賞」を受賞。3月5日には、...(続きを読む)

  • 2年ぶりマイナス編成

    清川村当初予算案

    2年ぶりマイナス編成 社会

    子育て支援など強化

     清川村が2月21日、2018年度の当初予算案を発表した。一般会計は昨年度比15・7%減の23億3678万円、特別会計を含めた総額も13%減の34億9731万円...(続きを読む)

  • 健康福祉と地方創生重点

    愛川町当初予算案

    健康福祉と地方創生重点 社会

    一般会計は122億

     愛川町が2月20日、2018年度の当初予算案を発表した。一般会計は122億5000万円で、昨年度比2・1%(2億4700万円)増。特別会計を含めた総額は230...(続きを読む)

  • 愛川が町村の部連覇

    市町村対抗かながわ駅伝

    愛川が町村の部連覇 スポーツ

    ベスト記録で総合11位

     2月11日に「第72回市町村対抗かながわ駅伝競走大会」が開催され、愛川町チームは現在のコースでは最高記録となる2時間47分9秒で総合11位。町村の部では8回目...(続きを読む)

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月5日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク