愛川・清川版 掲載号:2019年3月8日号 エリアトップへ

清川村長に就任した 岩澤 吉美さん 清川村煤ヶ谷在住 62歳

掲載号:2019年3月8日号

  • LINE
  • hatena

丁寧に 一歩一歩

 ○…初登庁の2月18日から2週間。村長の執務をこなしながら、連日近隣市町や県庁など就任挨拶で飛び回る。「先輩の首長から知恵をいただいていかないとね」と、多忙さを楽しむ充実感が笑顔に滲む。村職員として40年以上務めてきたが、村長に就任すると今までの風景が変わる。「視野も聞く耳も幅広くなければいけない。そうでなければ、住民に寄り添った丁寧な対応はできないから」。穏やかな言葉には熱い情熱がこもる。

 ○…清川生まれ。緑小、緑中と地元で育った。「まだ木造の校舎で、体育館もなかった」と振り返る。津久井高校を卒業後、清川村役場へ。5人兄弟の長男だけあって「高校の頃から『働かなきゃ』という思いは持っていた」と、堅実実直なのは若い頃から。税務や福祉、総務など幅広く担当。昭和50年代には村が所有する救急車を運転し、宮ヶ瀬ダムが完成してからは自腹で船舶免許を取りに行くなど、これまでの仕事を振り返ると清川の様々なエピソードが飛出す。

 ○…直前まで教育長を務めていたこともあり、既に子育て支援や元気な高齢者のための施策では、公園のリニューアルをはじめ構想を持っている。来場が好調な道の駅清川についても、「買い物後にちょっと立ち寄れる花畑」などアイデアは多彩。「村を良くしていくために、時間はかかっても着実に前に進みたい」。40年以上背中を見てきた大矢明夫前村長の遺志を、しっかりと受け止める。

 ○…長男は独立し、夫人と両親、次男、三男の6人暮らし。普段は忙しいが、家族の誕生日には皆でテーブルを囲む。趣味は陶芸とマラソン。山梨や長野の大会にも足を運び、ここ3年は宮ヶ瀬の24時間マラソンに参加していたが、「今年は参加できるか、まだわからないなあ」と笑う。

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

小倉 克仁さん

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める

小倉 克仁さん

愛川町半原出身 28歳

2月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク