泉区版 掲載号:2014年3月27日号

いずみ野フォンテ

36年の歴史に幕

3月末で営業終了

解体後に新施設を建設
解体後に新施設を建設
 相鉄いずみ野駅前のショッピングセンター「いずみ野フォンテ」が3月31日(月)で営業を終了する。現在、同駅北口で再開発が進んでおり、6月頃には同施設に代わる商業施設がオープンする。

 1977年8月に開業したいずみ野フォンテは、そうてつローゼンを始め、精肉店や書店、ドラッグストアなど、最盛期は14店舗が軒を連ね、駅直結という点や駐車場を隣接するなど利便性も高く、36年間地域住民の生活を支えてきた。夏祭り開催時には特に、賑わいをみせた。

 同駅北口の開発面積は約2万1000平方メートルで商業施設や駐車場(約200台)、駐輪場(約150台)、駅前広場の整備等を実施。まず6月に延床面積4270平方メートルの商業施設が開業する。いずみ野フォンテ跡地には新たな商業施設を15年度着工で実施し、16年夏頃のオープンを目指す。

 いずみ野フォンテで25年続く美容室「アーク」で約5年間店長を務めた菊池嘉之さんは、「長く通って来てくれている常連の方もいるので、閉店するのは申し訳ないという気持ち」と心境を明かす。テナントには近くに移転を決めたところもあるが、一部に留まっているようだ。

 なお、6月の商業施設開業まで、そうてつローゼンと三井住友銀行、横浜銀行は営業を継続する。

沿線価値向上へ

 相鉄ホールディングス(林英一社長)は10年9月策定のグループビジョンで、市内のいずみ野線沿線を「ガーデンシティゾーン(知性とつながりのある街)」とし、駅前再開発等による沿線価値向上に努めている。

 同駅北口の開発について同社担当者は「一度都心に出た若い世代が戻って来たり、シニア層が孫とゆっくり過ごしたりと、活気づけのきっかけになれば」と話す。なお、16年夏頃にオープン予定の商業施設に入るテナント等については「検討中」としている。

 横浜市は国の「環境未来都市」に11年に選定され、同沿線はモデル地区として指定されている。同社は地域活性化に向けた行政との連携を検討しており、弥生台駅や南万騎が原駅での再開発も視野に入れている。

泉区版のトップニュース最新6件

刷新3年遅れ、費用3倍に

横浜市ホームページ

刷新3年遅れ、費用3倍に

1月19日号

意中の献立に1票

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

心で歌い、社会貢献

泉区PTAコーラスの会

心で歌い、社会貢献

1月12日号

団地再生で共同事業体

横浜市とURなど5者

団地再生で共同事業体

1月5日号

12年目も好調スタート

ゆめきぼ切符

12年目も好調スタート

1月5日号

<PR>

関連記事(ベータ版)

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

資料館でこころの新年会

資料館でこころの新年会

放課後デイの峠工房主催

3月26日~3月26日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/