泉区版

トップニュースの記事一覧

  • 助成までの期間 短縮へ

    指定難病医療費

    助成までの期間 短縮へ 社会

    市に権限移譲、手続き迅速に

     横浜市は、これまで神奈川県が担っていた指定難病の特定医療費助成を4月から行っている。法改正により権限が移譲されたもので、これにより医療費が助成されるまでの期間...(続きを読む)

  • 地域福祉支援掲げ30周年

    地域福祉支援掲げ30周年 社会

    中田のほおずき・朝顔市

     中田地区で恒例の「ほおずき・あさがお市」が7月7日(土)・8日(日)に花や館いざわ(和泉中央南1の22の9)で開かれる。地域福祉支援を目的としたチャリティー企...(続きを読む)

  • 高齢運転者の支援充実へ

    高齢運転者の支援充実へ 社会

    市が県警と情報提供協定

     横浜市はこのほど、記憶力や判断力の低下などを理由に運転免許を失った高齢者をサポートしようと、免許更新時などで認知症のおそれがあると判定された人のうち、相談支援...(続きを読む)

  • 今年度末、全域通水へ

    和泉川

    今年度末、全域通水へ 社会

    改修事業で治水機能向上

     1971年から約半世紀にわたって行われている和泉川の改修事業。未整備部分の工事が進み、今年度末に全域が通水する。担当する市道路局ではこれにより、河川...(続きを読む)

  • 横浜神泉クラブが優勝

    ねんりんピック横浜市予選

    横浜神泉クラブが優勝 社会

    同区対決制し4年振り全国

     第31回全国健康福祉祭、通称「ねんりんピック」ソフトボール部門の横浜市予選会が5月5日から行われ、泉区の横浜神泉クラブ(遠藤英世代表)が優勝。4年ぶり3度目の...(続きを読む)

  • きれいな「泉」に貢献

    きれいな「泉」に貢献 文化

    9人・2団体を表彰

     区内の美化活動や緑化活動などに取り組み、きれいな街づくりに功績のあった個人・団体に贈られる「クリーンタウンいずみ」の表彰式が5月22日に区役所で行わ...(続きを読む)

  • 「居場所の会」が10周年

    「居場所の会」が10周年 社会

    高齢者の地域交流をサポート

     地域の高齢者の見守りと交流促進に向けた活動を行う「居場所の会」(本郷守男会長)がこのほど10周年を迎えた。5月17日には和泉第一町内会館で記念のイベントを開催...(続きを読む)

  • “鯉ヶ久保”に大臣表彰

    “鯉ヶ久保”に大臣表彰 社会

    樹林管理と希少種育成が評価

     ふれあいの樹林(中田南)の整備活動をする「鯉ヶ久保ふれあいの樹林愛護会」(望月榮会長)がこのほど「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受賞した。樹林の管理に...(続きを読む)

  • 「あやめ」の写真を募集

    「あやめ」の写真を募集 社会

    区の花認知度アップに初企画

     泉区役所はこのほど区の花である「あやめ」の写真の募集を始めた。区の魅力再発見とあやめの「区の花」としての認知度アップが狙いで、初めての取り組み。応募作品は区ホ...(続きを読む)

  • 電話用POPで詐欺防げ

    電話用POPで詐欺防げ 社会

    区内高齢者世帯に2万枚

     泉区は後を絶たない振り込め詐欺の被害防止に向け、このほど電話機に貼付する手形POPを作成し、5月から配布を始めている。夏を目途に70歳以上の高齢者世帯約2万世...(続きを読む)

  • 空き店舗増加に対策

    空き店舗増加に対策 社会

    市、各種助成策を実施

     横浜市は増加する商店街の空き店舗対策として、創業者向け助成や物件所有者向け補助など様々な対策を打ち出している。しかし特効薬がないのが現状だ。...(続きを読む)

  • 伝統音楽の魅力知って

    泉区三曲会

    伝統音楽の魅力知って 文化

    チャリティ演奏会節目の10回

     泉区三曲会(安西昭夫会長)によるチャリティ演奏会が5月20日(日)、泉公会堂で開かれる。午後1時半開演、入場無料。今年も和楽器への親しみやすさを意識したプログ...(続きを読む)

  • 市が基本構想案固める

    上瀬谷への花博招致

    市が基本構想案固める 社会

    2026年の開催目指して

     横浜市が4月11日、瀬谷区と旭区にまたがる旧上瀬谷通信施設での2026年の開催を目指している「国際園芸博覧会」について、基本理念や事業展開などを盛り込んだ基本...(続きを読む)

  • 球場外野にピンクベルト

    中田中央公園

    球場外野にピンクベルト 社会

    芝桜が70mに渡り咲く

     中田中央公園(中田町)の野球場のフェンス際に芝桜がベルト状に植栽され、訪れる人たちの目を楽しませている。同園によると「今年はだいぶ定着してきた。5月末頃までは...(続きを読む)

  • 「中堅保育士」に月4万円

    横浜市

    「中堅保育士」に月4万円 経済

    処遇改善で人材確保狙う

     横浜市は、国の制度で助成を受けていない経験7年以上の保育士に、月額4万円を上乗せする処遇改善策を新年度から始めた。保育所の新設が相次ぎ、保育士不足が...(続きを読む)

  • 「みんなの池」復活

    和泉小

    「みんなの池」復活 教育

    工事完成祝い記念式典

     和泉小学校(平井克明校長・児童数364人)で4月19日、敷地内にある廃れた池を再生させる「池プロジェクト」の第1期工事が完了し、記念式典が開かれた。...(続きを読む)

  • メタボ健診を無料化

    横浜市

    メタボ健診を無料化 社会

    受診率向上目指す

     横浜市は、国民健康保険加入者の特定健診(メタボ健診)を4月1日から無料化した。関東の政令市ではさいたま市に続いて2例目の取り組み。市は低迷が続く受診率の向上に...(続きを読む)

  • 中田に5カ所目の学童

    中田に5カ所目の学童 社会

    希望者増で新たに開設

     中田地区学童保育所運営委員会(高橋文治郎委員長)がこのほど「中田宮ノ前学童保育所そよかぜクラブ」(中田東)を新たに開設した。利用希望者の増加に対応したもので、...(続きを読む)

  • 中高年も該当、浮き彫りに

    横浜市内ひきこもり

    中高年も該当、浮き彫りに 社会

    推計1万2000人

     横浜市は、昨年初めて実施した40〜64歳を対象とした「市民生活実態調査」の集計結果をこのほど発表し、ひきこもり状態にある市民が推計1万2000人いることが分か...(続きを読む)

  • 鍋屋の森が全面開園

    鍋屋の森が全面開園 社会

    額田区長ら記念植樹

     2016年から整備を行ってきた「鍋屋の森」(和泉町943番地先)の整備がこのほど完了し、4月1日に全面開園した。これに先立ち3月24日には額田区長らが訪れ、記...(続きを読む)

  • 教員の長時間労働是正へ

    横浜市

    教員の長時間労働是正へ 教育

    働き方改革プラン策定

     横浜市教育委員会は3月16日、市立学校の全教職員を対象とした「働き方改革プラン」を策定した。今年度から教職員の時間外勤務月80時間超をゼロにするなどの具体的な...(続きを読む)

  • 地域に愛され30年目

    泉寿荘

    地域に愛され30年目 社会

    利用者は日平均200人超

     年配の人に健康で明るい生活を楽しんでもらおうと1989年に開館した泉寿荘(颯田誠司所長)が今年の2月に30年目を迎えた。来年は周年記念行事も計画され...(続きを読む)

  • ごみ分別案内にAI導入

    横浜市

    ごみ分別案内にAI導入 社会

    4月から本格稼働へ

     横浜市資源循環局は人工知能(AI)技術を使い、ごみの出し方や処分にかかる手数料などを対話形式で案内する「イーオのごみ分別案内」を4月1日から本格稼働する。...(続きを読む)

  • 消防庁協力事業所に認定

    消防庁協力事業所に認定 社会

    やよい台こども園・幼稚園が区内初

     新橋町にある「学校法人翠伸学園ぬくもりの森しんばし やよい台こども園やよい台幼稚園」がこのほど、総務省消防庁から消防団協力事業所に認められ、区内初となる消防庁...(続きを読む)

  • 参加者30万人を突破

    ウォーキングポイント

    参加者30万人を突破 社会

    開始4年、目標を達成

     横浜市などが健康づくりの一環で進めている「よこはまウォーキングポイント事業」。第1期4年の最終年度となる2017年度に参加登録者数が目標の30万人を...(続きを読む)

  • 地元愛で活動50年

    消防団山本登さん

    地元愛で活動50年 社会

    今春定年で退団へ

     18歳で地元消防団に入り50年超。70歳の山本登さんが3月末で定年のため退団する。地域の消防防災のリーダーとして過ごした長い時間について「地域のため、人のため...(続きを読む)

  • 水道料金値上げを検討

    横浜市

    水道料金値上げを検討 社会

    事業コスト急増見込む

     横浜市は今後の水道料金を検討する「横浜市水道料金等在り方審議会」を4月に発足させる。背景には設備の更新や耐震化対策など、長期にわたり事業コストの増加が見込まれ...(続きを読む)

  • 市青指の新シンボル決まる

    市青指の新シンボル決まる 社会

    緑園の菅原さんがデザイン

     このほど市青少年指導員の新たなシンボルマークに菅原明子さん(緑園在住)の作品が採用された。3月4日の泉区青少年フェスティバルでお披露目され、使用されるのは4月...(続きを読む)

  • 公共施設の「多目的化」推進へ

    横浜市

    公共施設の「多目的化」推進へ 社会

    建て替えピーク控え方針

     横浜市は2月15日、公共建築物の再編整備の方針を策定した。学校や市営住宅を建て替える際には、近隣の市民利用施設や社会福祉施設などとの多目的化・複合化を検討・推...(続きを読む)

  • 若者世代呼び込みに一手

    下和泉地区連合

    若者世代呼び込みに一手 社会

    動画でまちをPR

     若い世代を地域に呼び込むきっかけにしようと、下和泉連合町内会(久野毅連合会長)が動画で町内会をPRしている。活動記録のみならず情報発信ツールとして地域活性の起...(続きを読む)

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク