泉区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • コロナ禍で増加傾向続く

    泉区内家庭ごみ

    コロナ禍で増加傾向続く 社会

    市「食品ロス削減を」

     長引くコロナ禍により在宅時間が増えている影響からか、泉区内でも家庭ごみの収集量が例年と比べて増加傾向にある。資源循環局泉事務所ではプラスチック製品の...(続きを読む)

    7月22日号

  • 改定で浸水想定約5倍に

    内水ハザードマップ

    改定で浸水想定約5倍に 社会

    下水道の排水に限界も

     局地的な大雨が増える中、下水処理が追い付かず水路等から水が溢れる内水(ないすい)氾濫に備えようと、横浜市はこのほど「内水ハザードマップ」を約7年ぶりに改定した...(続きを読む)

    7月22日号

  • 学習支援の動き進む

    区内ケアプラザ

    学習支援の動き進む 教育

    いずみ中央は自習室開放

     泉区内の地域ケアプラザ(ケアプラ)で子どもたちの学習環境支援の動きが広がっている。新たにいずみ中央ケアプラが今年から夏休み期間中、自習室として施設開...(続きを読む)

    7月15日号

  • 電話録音機を寄贈

    遊技場協同組合泉支部

    電話録音機を寄贈 社会

    泉警察署へ200台

     神奈川県遊技場協同組合泉支部(青栁裕士支部長)は7月6日、特殊詐欺被害防止に役立ててほしいと泉警察署へ簡易型警告・自動通話録音機200台を寄贈した。...(続きを読む)

    7月15日号

  • ゆめが丘にキャンプ場

    ゆめが丘にキャンプ場 社会

    「泉区の豊かな自然感じて」

     下飯田町在住の美濃口俊雄さん(73)が相鉄ゆめが丘駅そばに区内初となるキャンプ場をオープンさせた。「泉区にはまだこんなにも豊かな自然があることを知っ...(続きを読む)

    7月8日号

  • 熱中症に警戒を

    泉消防署

    熱中症に警戒を 社会

    屋外等「適宜マスク外して」

     感染症対策でマスクの着用が日常化する中、熱中症の危険性が高まる季節を迎える。今後、梅雨が明けて急に蒸し暑くなる時期は更なる警戒が必要として、泉消防署...(続きを読む)

    7月8日号

  • 保育所半数で定員割れ

    横浜市

    保育所半数で定員割れ 社会

    ニーズの変化一因に

     横浜市では待機児童対策として保育所の整備を進めてきたが、「定員割れ」が半数以上の園で発生していることが明らかになった。市はコロナ禍を背景にした保育ニーズの変化...(続きを読む)

    7月1日号

  • 役員若返りで新体制

    立場中央商店会

    役員若返りで新体制 経済

    会長は区内最年少

     立場中央商店会(加盟数43)の役員が6月20日付で一新された。70代が中心だったこれまでの役員が退任し、区内最年少となる43歳の青木良憲新会長((株...(続きを読む)

    7月1日号

  • 子育て情報一冊に

    子育て情報一冊に 社会

    区内4カ所で配布中

     いずみ中央駅前の泉区地域子育て支援拠点「すきっぷ」では、区内のおでかけスポットや育児についての相談窓口情報などを一冊にまとめた子育てガイド「ちょこっ...(続きを読む)

    6月24日号

  • 水道料金値上げへ

    横浜市

    水道料金値上げへ 社会

    7月利用分から1割増

     横浜市は7月1日以降の利用分から水道料金を改定する。20年ぶりの改定で、平均12%の値上げ。背景には事業を支える水道料金が年々減少する一方、設備更新や耐震化に...(続きを読む)

    6月24日号

  • 手渡し型に注意

    特殊詐欺

    手渡し型に注意 社会

    被害総額昨年上回る

     泉区内で振り込め詐欺などの特殊詐欺被害が続いている。犯人がキャッシュカードなどを取りに来る「手渡し型」が主流で、6月初旬には総額約3200万円をだまし取られる...(続きを読む)

    6月17日号

  • 今年度課題は「次世代」

    泉区地域協議会

    今年度課題は「次世代」 コミュニティ社会

    各地区代表者で議論

     横浜市内でも独自の取組みである、泉区地域協議会の今年度活動がスタートした。6月10日に開かれた第1回定例会では、今年度の検討テーマ「次世代と築く地域...(続きを読む)

    6月17日号

  • 中庭をリニューアル

    下和泉地区セン ケアプラザ

    中庭をリニューアル 社会

    地域交流の拠点目指す

     昨年から進められていた下和泉地区センターと同地域ケアプラザをつなぐ中庭の改修が終了し、今月から利用者に開放されている。地域の憩いの場として住民らと協力しながら...(続きを読む)

    6月10日号

  • 対象拡大し食支援

    泉区社協

    対象拡大し食支援 社会

    学生に加えひとり親にも

     泉区社会福祉協議会では、新型コロナウイルス感染拡大で生活に影響が出ている区内在住の単身学生・ひとり親世帯を対象に食料や生活雑貨の支援を6月16日まで...(続きを読む)

    6月10日号

  • 小川さんが関東へ

    松陽高校陸上部

    小川さんが関東へ スポーツ

    砲丸投げで同校史上初

     県立松陽高校=和泉町=陸上競技部の小川祥来(ひろき)さん(3年)が男子砲丸投げの県代表として選ばれ、6月18日から等々力陸上競技場=川崎市=で開かれる関東大会...(続きを読む)

    6月3日号

  • コロナで販路減り苦境に

    横浜市内障害者施設

    コロナで販路減り苦境に 社会

    仲介組織が下支え

     障害者の就労支援の場となっている横浜市内の障害者施設などで作られた自主製品の販路や請負業務が、新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い縮小している。こうした中、...(続きを読む)

    6月3日号

  • 地域と共に130年

    中和田小学校

    地域と共に130年 社会

    記念式典を挙行

     1892年(明治25年)に開校した中和田小学校(瀧澤優子校長)。創立130周年記念式典が5月22日に開かれ、児童や教諭、地域関係者が集まり節目を祝っ...(続きを読む)

    5月27日号

  • 中小企業の販路開拓支援

    横浜市

    中小企業の販路開拓支援 経済

    コロナ禍では初

     横浜市は新型コロナの影響を受ける市内中小企業の事業継続支援を目的とした補助金事業を始める。新たな事業展開にかかる費用などが対象で、コロナ対策とした販路開拓を支...(続きを読む)

    5月27日号

  • 利用者の力作スタンプ化

    ジョイカンパニー

    利用者の力作スタンプ化 社会

    LINEで販売、収益に

     中田南の地域作業所「ジョイカンパニー」では、利用者が描いた絵をメッセージアプリ「LINE」のスタンプショップで販売。コロナ禍で作業品の販路がない中、新しい収益...(続きを読む)

    5月20日号

  • 30周年記念で楽曲制作

    泉公会堂

    30周年記念で楽曲制作 文化

    伝統文化保存会ら参画

     泉公会堂の開館30周年を記念し、横浜18各区を題材にしたキャラクターを制作する「Yocco18」、音楽ユニット「終末のバンギア」、そして「泉伝統文化保存会」の...(続きを読む)

    5月20日号

  • ワクチン接種の流れ確認

    ワクチン接種の流れ確認 社会

    医師会員ら、泉公会堂で

     高齢者を対象にした区内の新型コロナウイルスワクチン集団接種が5月19日から開始される。4月22日には会場となる泉公会堂でワクチンの接種を想定したシミ...(続きを読む)

    5月13日号

  • 設置8割超も課題

    住宅用火災警報器

    設置8割超も課題 社会

    義務化10年、現状は

     消防法で住宅用火災警報器の設置が義務付けられ、今年で10年。横浜市の設置率は84・4%と全国平均を超えているが、住宅内で必要な設置個数に満たないなどの課題もあ...(続きを読む)

    5月13日号

  • 子どもと社会の架け橋に

    子どもと社会の架け橋に コミュニティ社会

    法人設立で不登校児支援

     不登校などで生きづらさを抱えている子どもたちの居場所づくりを行っている上飯田町在住の廣瀬貴樹さん・千尋さん夫妻がこのほど、一般社団法人「かけはし」を設立。5...(続きを読む)

    5月7日号

  • 保育施設に除菌剤寄付

    湘南ワイパーサプライ(上飯田町)

    保育施設に除菌剤寄付 教育

    接触感染防止願い

     手袋や布など作業用安全用品の販売を手掛ける(株)湘南ワイパーサプライ=上飯田町=は、子どもたちの施設で使ってほしいと業務用除菌コート剤やペーパータオルなどを泉...(続きを読む)

    5月7日号

  • アクリル板40枚を配備

    アクリル板40枚を配備 社会

    下和泉の町内会館

     和泉第一町内会(志賀勝美会長)では感染症対策として町内会館にアクリル板40枚を配備した。泉区役所によれば、自治会町内会で同規模の配備をしているのは区内では他に...(続きを読む)

    4月29日号

  • 5月で20周年

    いずみ中央地域ケアプラザ

    5月で20周年 社会

    区内では4番目の古さ

     区内で4番目に開所した、横浜市いずみ中央地域ケアプラザが5月1日で20周年を迎える。これまでの変遷やコロナによる変容を踏まえた次の10年への想いについて、山田...(続きを読む)

    4月29日号

  • 開校まであと一年

    緑園義務教育学校

    開校まであと一年 教育

    標準服、校章など検討進む

     現在の緑園東小学校と緑園西小学校の学区に住む小中学生が通学し、小中一貫の9年教育を行う緑園義務教育学校の開校まで1年を切った。従来の緑園東小校舎を増...(続きを読む)

    4月22日号

  • IC化で利用実態把握へ

    横浜市敬老パス

    IC化で利用実態把握へ 社会

    制度適正化へ一歩

     横浜市は敬老特別乗車証(敬老パス)について来年10月、現行の紙からICカードなどへ切り替える方針を示し、システム開発費を今年度予算に盛り込んだ。高齢化による事...(続きを読む)

    4月22日号

  • フードドライブを開始

    そうてつローゼン

    フードドライブを開始 コミュニティ社会

    区内3店舗が対象に

     泉区内のそうてつローゼン3店舗(いずみ中央・ひなた山・山手台)で相鉄グループ初となる「フードドライブ」が今月2日からスタートした。食品ロスなど社会課題の解決...(続きを読む)

    4月15日号

  • 立場駅前で定期出店

    区内地域作業所

    立場駅前で定期出店 社会

    報酬増へ販売場所確保

     横浜市営地下鉄ブルーラインの立場駅前で、泉区内の地域作業所を利用する障害者が加工した食品やアクセサリーなど自主製品の定期販売会が4月から毎週月曜と水曜に始まっ...(続きを読む)

    4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter