泉区版 掲載号:2015年8月20日号

(PR)

丘の上クリニック

流行続く手足口病の対策

手洗い・うがいの徹底を

担当医の瀧澤医師
担当医の瀧澤医師
 警報レベルの流行が例年よりも長く続いている手足口病。秋に向けて徐々に落ち着いていくとみられるが、幼稚園や学校が始まると再び流行する危険があるという。横浜緑園丘の上クリニック(みやこガーデン近く)に症状や各自でできる対策を聞いた。

 手足口病は名前の通り、手や足、口に水膨れのような発疹ができる疾患。臀部など広範囲に症状が現れることもあるという。「ウイルス性の病気で、インフルエンザのようにウイルスの種類が数種あるため、一度かかった人でも別の型に感染する可能性もあります」と話すのは、小児科専門医の瀧澤真依子医師(火・金曜日の小児科外来担当)。感染を防ぐには、風邪と同じように手洗いやうがいを徹底するほか、オムツを変えた後の処理と手洗い、タオルを共用しないことなどを挙げる。症状がなくなっても便の中には1カ月程度ウイルスが潜んでいるため、油断は禁物だ。

頭痛・嘔吐に注意

 患者の8割超は5歳未満の乳幼児で、まれに中枢神経系の合併症(脳炎や髄膜炎など)を発症する場合もある。「頭痛や嘔吐の症状がある場合は合併症の危険があります。また、水分も受け付けず、尿が出ない場合も脱水の恐れがありますので、どちらも早めの受診が必要です」と瀧澤医師。

横浜緑園 丘の上クリニック

横浜市泉区新橋町53-1

TEL:045-810-0250

http://www.ryokuen-okanoue.com

泉区版のピックアップ(PR)最新6件

先進の下肢静脈瘤治療

足のだるさ、むくみは注意信号

先進の下肢静脈瘤治療

1月19日号

「生涯安心の住まいです」

ばんどうクリニックが運営 入居一時金なし

「生涯安心の住まいです」

1月12日号

弁護士による相続や不動産の無料個別相談会

医大発ベンチャー開発、口もとのシワ(※2)対策

独自開発「スムースポリテイン」で塗ってすぐ実感(※1) 累計120万本突破の「豊麗」がリニューアル

医大発ベンチャー開発、口もとのシワ(※2)対策

1月5日号

専門医が語る認知症

早期発見の鍵は「違和感」

専門医が語る認知症

1月1日号

3日から初売りの神奈川日産でe‐POWERを体験しよう

10/14家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

いずみの丘観音墓苑

「無縁墓地」にならない新しいお墓のカタチ。10月20・21・22日は相談会

http://www.izuminooka-kannon.com

泉区のお寺の新しいカタチのお墓

「こんなお墓が欲しかった!」新しいお墓の形。10月20・21・22日相談会

http://www.izuminooka-kannon.com

<PR>

関連記事(ベータ版)

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク