強化指定選手に5人

日本サーフィン連盟

掲載号:2015年3月6日号

  • googleplus
  • LINE

 日本サーフィン連盟(=NSA)の2015年度強化指定選手に、小田原市出身1人、日本サーフアカデミー(小田原市酒匂)在学の2人、湯河原町出身の2人、計5人が選出された。

 これは代表選手育成のための制度。前年度におけるNSA主催大会でA指定は1位を2回以上、B指定は4位入賞の戦績を2回以上収め、かつ最終順位がA指定は2位以内、B指定は4位以内など、一定の選考基準を満たした5人が選ばれた。国際サーフィン連盟が主催する国際派遣大会の日本代表選手は、この中から選ばれる。

【A指定選手】

 鈴木姫七さん(16・小田原市・初選出)「まわりはトッププロばかりでプレッシャーもあるが、最高指定に選ばれたからには、昨年以上の成績を残してプロ合格を目指したい」

 堀越力さん(18・日本サーフアカデミー在籍・初選出)「世界で戦うため、トレーニングに一層力が入っている。努力を証明できるよう結果を残したい。また今年からプロツアーに参戦するので、優勝したい」

【B指定選手】

 松下諒大さん(18・湯河原町在住・3年連続)、村上舜(かい)さん(18・湯河原町在住・3年連続)、浜瀬海さん(17・日本サーフアカデミー在籍・初選出)。

小田原版のローカルニュース最新3件

関連記事(ベータ版)

未病戦略エリアBIOTOPIA

2018年 春オープン予定の施設など

https://www.biotopia.jp/index.html

<PR>