小田原・箱根・湯河原・真鶴版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 地元名産品を自販機で

    小田原紙器工業

    地元名産品を自販機で 経済

    ドンキ小田原店に1号機

     紙器・紙加工品などの製造を手掛ける小田原紙器工業株式会社(小田原市久野/高橋康徳社長)が4月5日、小田原や箱根などの県西の名産品が当たる自動販売機「ふるさとガ...(続きを読む)

    4月10日号

  • 西湘が初の全国制覇

    少年ソフトボール

    西湘が初の全国制覇 スポーツ

    選抜19人の総合力で快挙

     小田原市、南足柄市の少年ソフトボールの選抜チーム「西湘」が、3月27日から30日に山口県で開催された第14回春季全日本小学生男子ソフトボール大会で優勝した。全...(続きを読む)

    4月10日号

  • ワクチン接種 準備進む

    県西1市3町

    ワクチン接種 準備進む 社会

    湯河原では模擬体験も

     新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、各自治体で準備が進められている。政府は4月26日の週には全市町村それぞれにワクチン1箱(約1千回分)を届けるとしてお...(続きを読む)

    4月3日号

  • 「ユガラボ」が最高賞

    県子ども・子育て支援大賞

    「ユガラボ」が最高賞 社会

    多世代交流を促進

     子育て支援に取り組んでいる事業者、個人・団体を神奈川県が表彰する「第14回かながわ子ども・子育て支援大賞」の受賞者がこのほど発表され、湯河原町の「一般社団法人...(続きを読む)

    4月3日号

  • 「ヒサの遺志」地域と共に

    湘南ベルマーレ

    「ヒサの遺志」地域と共に 教育

    郵便局とがん啓発で連携

     湘南ベルマーレが3月13日、県西103の郵便局と、がんの啓発を含めた活動に取り組む地域連携協定を締結した。昨年12月に39歳で死去した元フットサル日本代表、久...(続きを読む)

    3月27日号

  • 130周年で記念誌作成

    小田原鳶職組合

    130周年で記念誌作成 文化

    伝統・歴史を後世に

     小田原鳶職組合が130周年を迎え、このほど記念誌を完成させた。3月に予定していた記念式典は新型コロナの影響で中止になったが、組合の歴史に触れた記念誌...(続きを読む)

    3月27日号

  • 議員定数を1人削減

    真鶴町議会

    議員定数を1人削減 政治

    9月の改選で10人に

     3月9日の真鶴町議会定例会本会議で、町議の定数を現在の11人から1人減らし10人とする条例改正案が可決された。採決は議長を除く10議員で行われ賛成7、反対3の...(続きを読む)

    3月20日号

  • 自転車版「道の駅」初実施

    小田原箱根大博覧会

    自転車版「道の駅」初実施 スポーツ

    3月27日・28日 風祭で

     自転車版道の駅「チャリダーズパラダイス」が、3月27日(土)・28日(日)に鈴廣かまぼこの里駐車場(小田原市風祭)で実施される。午前9時から午後4時予定、雨天...(続きを読む)

    3月20日号

  • 南町に観光・交流の拠点

    南町に観光・交流の拠点 社会

    「箱根口ガレージ」開業

     報徳二宮神社が手掛ける小田原市南町の新施設「箱根口ガレージ 報徳広場」が完成した。3月12日の開業を前に10日、関係者らを招きオープニングセレモニーが行われた...(続きを読む)

    3月13日号

  • 「地元を旅する」体験始まる

    小田原ツーリズムオダワラブレイク

    「地元を旅する」体験始まる 経済

    20・30代向け コロナにも対応

     Withコロナ時代に対応し、少数人数でゆったりと楽しみながら新たな小田原の魅力を体験するアクティビティーが始まった。着地型旅行品開発などを行なう「(株)小田原...(続きを読む)

    3月13日号

  • 北條五代祭り 通年に変更

    北條五代祭り 通年に変更 文化

    パレードは2年連続中止に

     小田原市観光協会は2月26日、5月2日(日)・3日(月)に予定していた「第57回小田原北條五代祭り」について、開催方法や時期を変更すると発表した。1...(続きを読む)

    3月6日号

  • コールセンター開設へ

    1市3町

    コールセンター開設へ 社会

    新型コロナ ワクチン接種で

     新型コロナウイルスのワクチン接種開始に備え、小田原市と箱根、湯河原、真鶴町ではそれぞれ3月中旬から4月に掛けてコールセンターを開設する。接種に関する...(続きを読む)

    3月6日号

  • ひとり親家庭でニーズ増

    フードバンク

    ひとり親家庭でニーズ増 コミュニティ社会

    県西での食品支援のいま

     食品ロスの削減や生活困窮者支援を目的に、企業から提供された規格外の食品などを無料で配布する「フードバンク」のニーズが、県西でも高まりつつある。NPO...(続きを読む)

    2月27日号

  • 利活用事業者が再決定

    小田原市豊島邸

    利活用事業者が再決定 社会

    企業向けテレワーク施設を計画

     小田原市が所有する日本家屋「豊島邸」(栄町)の利活用について、(一社)全国古民家再生協会神奈川第二支部が事業者に決まった。市と同支部は3月にも基本協定を締結す...(続きを読む)

    2月27日号

  • 「食」テーマに活用を検討

    小田原市清閑亭

    「食」テーマに活用を検討 文化

    民間事業者への貸付模索

     小田原市は2月から、国登録有形文化財「清閑亭」(市内南町)の有効活用を目的とした検討を開始した。施設の将来像として市は「食」をテーマとした運営を目指すとしてお...(続きを読む)

    2月20日号

  • 3月16日に開通予定

    栄町小八幡線

    3月16日に開通予定 社会

    迂回、大幅に短縮へ

     都市計画道路・栄町小八幡線で工事が進められていた国道255号線「緑町駅東交差点」から市道0015号線「広小路南交差点」までの区間約70mが、3月16...(続きを読む)

    2月20日号

  • 事業者に独自支援金交付へ

    小田原市

    事業者に独自支援金交付へ 経済

    国、県事業の対象外想定

     小田原市が、独自支援事業として「中小企業事業者等支援金」の増額を3月補正予算に計上する。新型コロナや緊急事態宣言の影響で売上が減少し、かつ県や国の協力金や一時...(続きを読む)

    2月13日号

  • 市民意見受け計画修正

    国府津駅周辺整備事業

    市民意見受け計画修正 経済

    ロータリー拡幅など反映

     小田原市が今年度から進める、JR国府津駅周辺の渋滞解消を目指す整備事業について、地域から挙がった意見を一部反映させた修正計画がこのほど明らかになった...(続きを読む)

    2月13日号

  • 女子制服にスラックスも

    鴨宮中

    女子制服にスラックスも 社会

    市内2校目 性の多様性配慮

     小田原市立鴨宮中学校(田中修校長)は2021年度から、女子生徒の制服としてスラックスを選択できるようにした。性の多様性への理解を主な理由とし、スラッ...(続きを読む)

    2月6日号

  • 「マイクログリッド」整備進む

    小田原市

    「マイクログリッド」整備進む 社会

    再生エネ 非常時の電源に

     小田原市は今年度から、民間企業と協働で「地域マイクログリッド構築事業」を進めている。これは地域で創出される再生可能エネルギーを自立運用する取り組み。市は202...(続きを読む)

    2月6日号

  • 「転入超過」続く

    小田原市 湯河原町

    「転入超過」続く 社会

    コロナ移住「優位性高まる」

     新型コロナの感染拡大に伴い企業のテレワーク導入や通勤削減などが広がる中、都市部から近郊地域への移住が増加している。人口統計調査をもとに、小田原市と湯...(続きを読む)

    1月30日号

  • 創立70周年 伝統つむぐ

    曽我別所寿獅子舞保存会

    創立70周年 伝統つむぐ 文化

    歴史物語る記念誌発刊

     小田原市の無形民俗文化財にも指定されている「曽我別所の寿獅子舞」をいまに伝える「曽我別所寿獅子舞保存会」(二見宏会長)はこのほど、創立70周年の記念誌を発刊し...(続きを読む)

    1月30日号

  • 全国に轟け「鶴宝(かくほう)」

    全国に轟け「鶴宝(かくほう)」 経済

    真鶴養殖岩ガキ 愛称決まる

     5月に本格出荷を予定している真鶴町の養殖岩ガキの愛称が「鶴宝(かくほう)」に決まった。生産者団体の真鶴町岩沖岩牡蠣養殖事業推進協議会(皆木孝行会長)...(続きを読む)

    1月23日号

  • 公共施設 使用制限に差

    公共施設 使用制限に差 社会

    1市3町、緊急事態宣言下

     緊急事態宣言に伴い、小田原市、箱根町、湯河原町、真鶴町の1市3町でも公共施設の使用制限が行われている。施設使用の可否等については自治体の判断とされており、対応...(続きを読む)

    1月23日号

  • 個性武器に世界へ挑戦

    下曽我在住青木友哉さん

    個性武器に世界へ挑戦 文化

    バレエ ローザンヌ出場へ

     小田原市下曽我在住の青木友哉さん(16)が、1月31日から2月7日にスイスのモントルーで開催される「第49回ローザンヌ国際バレエコンクール2021」...(続きを読む)

    1月16日号

  • 「今は我慢の時」

    地域飲食店

    「今は我慢の時」 経済

    時短期間始まる

     緊急事態宣言に伴い、小田原市も1月12日から飲食店の時短営業要請期間に入った。感染拡大防止と経営の間で踏みとどまる飲食店の対応を取材した。(1月13日起稿)...(続きを読む)

    1月16日号

  • 「ヒサと共に」

    湘南ベルマーレフットサル

    「ヒサと共に」 スポーツ

    きょう久光選手追悼試合

     がんの闘病を続けながら湘南ベルマーレフットサルクラブの選手として活躍した久光重貴さんが、昨年12月19日に39歳で死去した。いつでも全力を尽くすプレー、ま...(続きを読む)

    1月9日号

  • ワクチン接種 体制整備へ

    小田原市

    ワクチン接種 体制整備へ 社会

    新型コロナ対応で補正予算

     小田原市の守屋輝彦市長は12月28日、新型コロナウイルスワクチンの接種体制を確保するために、今年度補正予算の専決処分を行った。補正予算規模は1億3140万円で...(続きを読む)

    1月9日号

  • 市長・町長が語る未来

    小田原・箱根・真鶴・湯河原

    市長・町長が語る未来 政治

    新春座談会「新しい時代、これからの地域」

     2021年の年頭企画として守屋輝彦小田原市長、勝俣浩行箱根町長、松本一彦真鶴町長、冨田幸宏湯河原町長による座談会を行った。昨年は新型コロナ感染拡大の影響で新し...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「悔いなき走りを」声援胸に

    「悔いなき走りを」声援胸に スポーツ

    箱根駅伝、見守る人の思い

     第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は明日2日(土)、3(日)に開催される。昨年は新型コロナの影響で、大学陸上界でも大会中止が相次いだ。箱...(続きを読む)

    1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク