泉区版 掲載号:2011年11月24日号
  • googleplus
  • LINE

特別養護老人ホームと教育連携 老学連携シリーズ【6】 介護実習を体験して〜東北福祉大学 緑園都市睦愛園施設長 志澤秀一

 教科「情報」の非常勤教員とし県立高校で教鞭を執っている先生が、通信教育による「福祉」の教員免許取得を目指し、生徒の夏季休業期間を利用して、10日間の介護実習体験を緑園都市睦愛園で行いました。実習終了後、次のような感想を寄せてくれました。

 「私自身、昔から福祉という世界に興味があり、教科というよりは、仕事として考えていました。机上での知識は少なからずありましたが、実際に実習を体験していくと、机上での知識との差に正直驚きました。 実習では介護士としての基礎的な移乗、車イス、食事介助、排泄介助等に関して、学ばせていただいたのですが、それ以上に実習を通して温かい「家族」というものを学ばせて頂きました。介護スタッフの皆さんは利用者の方々の顔の表情まで見て、その利用者に合わせてお世話をしている姿に「愛」というか素晴らしいという感情を持ちました。それはもはや仕事という枠を超えて、ひとつの「大家族」のように見えました。この経験を今後の教育活動に活かしていきたいと考えています」 

 福祉大学生(通信教育)の介護実習を受け入れ、10日間の実習カリキュラムの作成には時間がかかりましたが、高校教員が体験した介護実習が、今後の教育活動に活かされることは、大変意義があることです。

 このように「老学連携」が様々な形で展開していくことは大変嬉しく思います。今後さらに深化・発展していくよう取り組んでいきたいと考えています。

〈著者〉志澤秀一。県立山北高校と大磯高校で校長を務める等、教育現場に長く携わってきた。その経験を生かし、同園施設長として「老学連携」を図っている。
 

泉区版の老学連携シリーズ最新6件

介護と介護職員の役割

特別養護老人ホームと学校教育連携 老学連携シリーズ【11】<最終回>

介護と介護職員の役割

4月26日号

高齢者とのかかわりを通して学ぶ

特別養護老人ホームと学校教育連携 老学連携シリーズ【10】

高齢者とのかかわりを通して学ぶ

3月29日号

緑園都市睦愛園と子供たちの交流を通して

老学連携シリーズ【9】

緑園都市睦愛園と子供たちの交流を通して

3月1日号

体験から学ぶ緑園都市睦愛園との連携を振返って

老学連携シリーズ【8】

体験から学ぶ緑園都市睦愛園との連携を振返って

1月5日号

「連携を振り返って」

特別養護老人ホームと学校教育連携 老学連携シリーズ【7】

「連携を振り返って」

12月22日号

「納涼祭と高校生」

特別養護老人ホームと高校教育連携 老学連携シリーズ【5】

「納涼祭と高校生」

10月27日号

3/13家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク