泉区版 掲載号:2014年4月10日号 エリアトップへ

(PR)

 早い子は2歳頃から 丘の上クリニック 花粉症が低年齢化 黄砂でも同様の症状が

掲載号:2014年4月10日号

  • LINE
  • hatena
小児科専門医の瀧澤医師
小児科専門医の瀧澤医師

 「小さい子どもは花粉症にはならない」というのは過去の話で、花粉症の低年齢化が進んでいるようだ。近年のスギ花粉の増加で、小さいころから大量に花粉を吸い込んでいることも要因とされており、早い子だと2歳頃から明らかな症状や検査陽性が出ている。

 横浜緑園丘の上クリニックの小児科専門医・瀧澤真依子医師によると、特に小さな子どもが花粉症の症状がうまく伝えられず、かゆみで目や鼻をこすり、目が赤くなったり炎症を引き起こしたりしてしまう。

 「症状が続くと集中力の低下や睡眠不足になるので、早く気づいてあげることが大切。花粉症かなと思ったら医師の診察を」と瀧澤医師は話している。

 花粉症や黄砂の対策として、外出時のマスクやメガネの着用、衣服の花粉を落としてから帰宅、手洗いと洗顔、洗濯物を外に干さないといった基本の徹底を呼びかけている。

 また4月は、花粉症同様の症状が出る黄砂の影響が一年で最も出やすい時期。咳の長期化や肌荒れなどがみられ、まだまだ空気が乾燥しているので喘息への注意も必要としている。

 同クリニックでは、処方薬による花粉症の予防など相談に応じている。くしゃみ、鼻水や目のかゆみが続くようなら花粉症か否かを、アレルゲン検査で調べることもできる。

横浜緑園 丘の上クリニック

横浜市泉区新橋町53-1

TEL:045-810-0250

http://www.ryokuen-okanoue.com

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のピックアップ(PR)最新6

利用者に機材貸出中

テアトルフォンテ

利用者に機材貸出中

2月はホールのみ工事期間

1月28日号

女性の不安 電話で支援

女性の不安 電話で支援

横浜市男女共同参画推進協会 相談窓口を新設

1月21日号

1月23日(土)〜31日(日)超特価一流メーカー「電動ベッドフェア」

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

「私が最後まで担当します」

空家・古家や遊休地を高価買取

「私が最後まで担当します」

ウスイホーム戸塚店(戸塚モディ地下1階)

1月14日号

元気なうちに住み替えて将来の安心を

神奈川県住宅供給公社

元気なうちに住み替えて将来の安心を

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク