泉区版 掲載号:2014年6月12日号 エリアトップへ

中田寺(ちゅうでんじ) 浄土宗 6回

掲載号:2014年6月12日号

  • LINE
  • hatena

 江戸時代初期、中田村領主の石巻康敬が開基となり、1612年(慶長17年)に創建された中田寺。当時の中田村は未開の山里で人家も少なく、罪人追放の地さながらの寒村だったという。

 康敬は御霊神社を崇拝して村の鎮守として再興するなど土地の発展に尽力し、1613年に80年の生涯を閉じる前年、念願だった創建を果たした。康敬の墓所には、その功績をたたえる和歌『中田寺の御詠歌』(福田の石巻さまの御功徳 貯めたる中に 念佛聞こゆる)が刻まれている。

 本尊は仏師定朝の作と伝えられている像高91cmの阿弥陀如来像。境内には石巻康敬の持仏堂であった十一面観音と閻魔大王を置く稲葉堂、宝心寺にある岩舟地蔵尊の御霊分けではないかといわれ400年前に修復された地蔵尊、中田寺二世辨良上人の墓、中田の小山家出身で江戸時代の力士、戸田川の墓などがある。 地蔵尊の中には古文書が入っており、250〜300年前に寄付した施主の名前が記述されている。戸田川の墓は1971年8月に建てられたもので、今夏に建て替えが予定されている。

■中田寺/中田北2の11の41(中田小学校入口バス停から徒歩3分)、住職・香川隆真 【電話】045・802・1415

中田出身で江戸時代の力士、戸田川の墓がある
中田出身で江戸時代の力士、戸田川の墓がある

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のコラム最新6

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【7】

横浜とシュウマイと私

「『ラー博』で名シュウマイを」

9月9日号

唾液の役割について

お口の健康塾 Vol.2

唾液の役割について

9月2日号

泉公会堂の舞台ウラ

館長コラム

泉公会堂の舞台ウラ

【5】玄人好み

9月2日号

泉公会堂の舞台ウラ

館長コラム

泉公会堂の舞台ウラ

【4】白い壁の裏側

8月12日号

健康塾はじまります

お口の健康塾 Vol.1

健康塾はじまります

8月5日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【5】

横浜とシュウマイと私

「駅ナカ×中華街=横浜新名物」

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook