泉区版 掲載号:2018年2月15日号
  • googleplus
  • LINE

ヒノキも多め 花粉飛散量調査

社会

 県自然環境保全センターは、このほど今年春のヒノキ花粉飛散量の予測を発表した。これによると、調査を始めてから最も多くなる見通しだという。

 調査は、県内4地域の40カ所でそれぞれ10本のスギを抽出し、1本ごとに雄花の着花状況を6段階で点数化。その合計値を着花点数とし、40カ所の平均値からその年の飛散量を予測するもの。今回の値は80・8点で、昨年の34・1を大幅に上回った。

 同センターは「7月が猛暑で雄花が多くなる条件だったことが影響していると考えられる」と分析している。同センターは昨年12月にスギ花粉飛散量調査も発表しており、昨年の5倍になると予測している。

泉区版のローカルニュース最新6件

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

家族で自然を満喫

旭区

家族で自然を満喫

こども自然公園で25日から

5月25日~5月27日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク