泉区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

中和田南小学校 「いずみ桜」を記念植樹 地域住民らが寄贈

教育

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena
植樹する児童と関係者ら
植樹する児童と関係者ら

 中和田南小学校の校庭で2月21日、「いずみ桜」の記念植樹が行われた。学校創立50周年記念事業の一環で、桜は同校の環境ボランティア(和田久光代表=人物風土記で紹介)が寄贈した。

 いずみ桜は、元々近隣住民の庭で育てられていた「あたみ桜」を2010年に富士見が丘地区にできた公園のために接ぎ木したもの。一つの蕾から2〜3の薄いピンク色の花が咲き、同じ木の中で一重と八重が混ざって咲くこともある。開花時期は2月下旬から3月中旬頃で、開花期間が比較的長いのが特徴だ。

 成長するにしたがって、こうした特有の性質が見られたため、苗木を育てている住民らで桜の新種として名前の登録を公益財団法人日本さくらの会に申請。その後認定され、泉区全域で桜の名と公園名を募集。50通以上の応募の中から桜は同校3年生女児(当時)の「いずみ桜」に命名され、富士見が丘地区の公園は「いずみ桜広場」となった経緯がある。

心に残る思いで

 植樹では、接ぎ木して4年目の苗木が校庭に植えられ、実行委員の児童らが土をかけた。和田さんによると、成長が早い品種のため、早ければ今年から花が咲く可能性があるという。実行委員は「卒業しても、桜が咲いたら学校のことを思い出すと思う」と話した。

いずみ桜
いずみ桜

泉区版のローカルニュース最新6

市、自殺予防を啓発

市、自殺予防を啓発 社会

9月は対策強化月間

9月16日号

”世界唯一”のエレベーター

瀬谷さくら小

”世界唯一”のエレベーター 教育

色など児童プロデュース

9月16日号

eスポーツ大会で頂点に

横浜FM

eスポーツ大会で頂点に スポーツ

全国42チームの対抗戦

9月16日号

LINEでデートDV相談

男女共同参画センター横浜

LINEでデートDV相談 社会

10代・20代向け 10月試行

9月16日号

幼・保の情報展示

いずみっこひろばウィーク

幼・保の情報展示 教育

昨年に続き縮小開催

9月16日号

「大樹」描き続ける

「大樹」描き続ける 文化

白百合在住 森脇ヒデさん

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook