泉区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

深谷通信所跡地 初のヘリ離着陸訓練 災害時拠点の役割になう

社会

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
自治会町内会長らが見守る中、着陸するヘリコプター
自治会町内会長らが見守る中、着陸するヘリコプター

 和泉町の深谷通信所跡地中央広場で初めてとなる消防ヘリコプターの離着陸訓練が11月9日に実施された。市消防局および泉消防署・泉消防団が参加。傷病者をヘリから引き渡し・搬送する一連の行動を訓練した。

 戦後米軍に接収され、2014年に返還された深谷通信所跡地は直径1Km、面積約77 ha。2018年に制定された同地の跡地利用基本計画では、大規模災害発生時のヘリ離着陸場としての運用が明記されている。今回の訓練はそれに則って、消防の航空隊と陸上支援部隊の連携向上を目的に実施された。

 区役所では新型コロナウイルス対策として事前告知は行わず、参加者は連合自治会町内会長などに限定した。訓練開始を前にあいさつした泉区深谷通信所返還対策協議会の日並勇委員長は「今年は広場でのイベントが実施できなかったが、消防局から話を頂きヘリの訓練を行うこととにった。円形の広場は救助・援助活動には最適。ここが災害時の拠点となるのをこうして知ってもらうのはいい機会にもなる」と話した。

傷病者を搬送

 訓練は大規模災害の発生により道路が寸断されたと想定し、ヘリコプターの機動力を使い緊急搬送が必要な傷病者の対応を行うもの。

 午後2時30分ごろ、金沢区のヘリポートを飛び立った消防ヘリ「はまちどり2」の姿が深谷の上空に見えると、参加者からは歓声が。無事芝生部分に着陸すると、傷病者に見立てたダミー人形を救急隊がヘリへ搬送。わずか5分ほどでヘリは上空へ飛び立った。

 続けて今度は傷病者を陸上に引き継ぐ想定で、再びヘリが着陸。先ほどとは反対にヘリから傷病者を降ろし、地上へと搬送。同地で行われた初のヘリ訓練だったが、天候にも恵まれ大きなトラブルもなく終了した。

 偶然散歩中に通りかかったという女性ふたりは「びっくりしました。写真も撮れて貴重な経験になりました」と驚いた様子だった。

泉区版のトップニュース最新6

住民で抜け道対策

下村町内会

住民で抜け道対策 社会

独自に交通量など調査

1月21日号

4カ国語で注意喚起

泉区役所

4カ国語で注意喚起 社会

コロナ感染「5つの場面」

1月21日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

年間ゼロを達成

2020年泉区交通事故死

年間ゼロを達成 社会

事故件数も過去最少

1月14日号

「今年も『住むなら泉区』」

「今年も『住むなら泉区』」 社会

深川区長インタビュー

1月7日号

区内1,468人が門出

成人式

区内1,468人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク