泉区版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

新橋小3年2組 独自アプリを開発 コロナ対策楽しく学ぶ

教育

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena
アプリのメニュー画面
アプリのメニュー画面

 新橋小学校3年2組の児童たちが開発した、アイフォーンなどで使用できるアプリ「みんなの命を守ろう大作戦」が2月5日に公開された。児童たちの音声やイラストが使われているほか、医療従事者やプログラマーがリモート授業で製作に協力している。

 総合的な学習の一環で製作された同アプリ。コロナ下での暮らしにおいて「命の大切さを分かってほしい」「みんなが笑顔になってほしい」という思いで作られた。

 アプリは4つの機能で構成。【1】チェックは「マスクをすることができた」「石鹸で手洗いできた」など8つの項目を達成することで毎日スタンプがもらえる仕組み。【2】クイズは○×問題や三択、児童のイラストを使った設問で感染対策の正しい知識を学ぶ。【3】ゲームは飛んでくる鉛筆や消しゴムを避けながらキャラクターを動かすもの。「直接触れない」ことの大切さを学ぶ内容だ。【4】幸せ見つけは「みんなが笑っているとき」「美味しいご飯を食べる」など児童が感じた日々の幸せのイラストをランダムで紹介。日記のように自分が感じた幸せの記録もできる。

各業界のプロがリモート協力

 アプリ作りは昨年9月からスタート。その過程では各業界で活躍するプロフェッショナルがリモート授業で児童たちにアドバイスを送った。

 ミュージシャンのMASAKing(マサキング)さんはアプリ内の音楽づくりを指導。プログラマーからは「要件定義」などアプリ作成に必要な物事の考え方を学んだ。医療従事者たちの授業は、クイズ作成にあたっての正しい知識や「幸せ見つけ」の項目を追加するきっかけをもたらした。

 こうした人物とのつながりはクラス担任の藤井隆志教諭(46)の人脈によるもの。大人たちがチームのような形でアプリ作りを裏側で支えた。

 アプリ公開日の2月5日。協力した大人たちがリモートで見守る中、アプリのダウンロード画面が現れると子どもたちは両手を上げて喜びを表した。ゲームで使われるイラストを描いた児童は「自分たちの絵が世界中の人に見てもらえるのはうれしい。家族や親戚など、いなくなってほしくない人たちに使ってほしい」と話した。

「命をずっと大事に」

 藤井教諭自身、腎臓移植を経験し障害者手帳一級を交付されている。病のため一度は教育現場を離れざるを得なかった経験などを、アプリ作りの中で「命の授業」として告白。子どもたちはアプリの目的である「命」の大切さにより向き合うようになっていった。

 5日の授業の終盤。藤井教諭は「命をずっと大事にしてほしい。命を捨てようと思った時は、先生とアプリを思い出してもう一度『幸せ見つけ』をしてほしい」と児童たちに語りかけた。

 アプリはアップル社のアップストアからダウンロード可能。
 

児童たちにアプリストアの画面を見せる藤井教諭
児童たちにアプリストアの画面を見せる藤井教諭
ダウンロードはこちらから(iOSのみ)
ダウンロードはこちらから(iOSのみ)

泉区版のトップニュース最新6

開校まであと一年

緑園義務教育学校

開校まであと一年 教育

標準服、校章など検討進む

4月22日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月22日号

フードドライブを開始

そうてつローゼン

フードドライブを開始 社会

区内3店舗が対象に

4月15日号

立場駅前で定期出店

区内地域作業所

立場駅前で定期出店 社会

報酬増へ販売場所確保

4月15日号

チームで魅力発信

泉区役所

チームで魅力発信 社会

#住むなら泉区 をアピール

4月8日号

蛇口の非接触化進む

泉区公共施設

蛇口の非接触化進む 社会

感染症対策で予算投入

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter