栄区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

盲導犬を取り巻く環境(中) 人との共存楽しむ訓練

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena
「Good」と褒めて伸ばす
「Good」と褒めて伸ばす

 視覚障害者の目として行動する盲導犬に対して、「吠えなくなるような厳しい訓練をしているのでは」「動物虐待」などと批判的な声もある。しかし、(公財)日本盲導犬協会神奈川訓練センター=港北区=の高野秀一(しゅういち)センター長は「誤解されている部分が非常に多い」と訴える。

 盲導犬を育成する同施設では、約60頭の訓練犬が暮らす。1頭ごとにデータを記録し、生後1歳からユーザーに渡すまでの約7カ月間、性格に応じた育成方針に従って訓練を行う。指示通りに動いたら「Good」と褒め教える基本訓練と、1日10〜30分の短時間でテーマを決めて実際に街中を歩く「タウンウォーク」の2種類がある。だが「訓練を積んでも盲導犬になれるのは適性がある3、4割」。試験をパスできなくても、街頭募金などのPR犬として活躍する犬もいるという。

 訓練以外は犬舎の中で過ごす。24時間体制の管理下で、ストレスのない快適な生活が送れるよう配慮されている。高野センター長は「どちらの訓練も個性を把握し、褒めて伸ばすことを心掛けている。盲導犬の素質を持つ、人と一緒に仕事を楽しめる犬を世に送り出している」と話す。

 しかし、10歳で引退を迎える盲導犬の育成には課題もある。運営資金は寄附がほとんどで、候補犬の数が希望するユーザーに追いつかないこともあるという。

 盲導犬と暮らす市内在住のTさんは「家の中では普通の犬と何ら変わらない。胴輪(ハーネス)で切り替わる」と話す。同協会普及推進部の中村士(つかさ)さんは「ハーネスが仕事の合図」と話した上で「ユーザーが安全に歩くために、仕事に励む盲導犬を街で見かけてもむやみに声を掛けたりせず、温かく見守ってほしい」と理解を求める。

(つづく)

栄区版のローカルニュース最新6

木村さんが楽しさ伝える

木村さんが楽しさ伝える スポーツ

サッカー教室に約70人

2月23日号

小学校に税の解説本寄贈

市内7法人会

小学校に税の解説本寄贈 社会

授業での活用を期待

2月23日号

「子どもの貧困」考える

「子どもの貧困」考える 社会

区社協が研修会

2月23日号

3月末までに配布開始

ヘルプマーク導入へ(上)

3月末までに配布開始 社会

2月23日号

3種目で初の全国大会へ

3種目で初の全国大会へ スポーツ

セントラル本郷台・児嶋さん

2月23日号

入学前に園児が交流

入学前に園児が交流 教育

たっちーらんどでフェス

2月23日号