栄区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

ヘルプマーク導入へ(上) 3月末までに配布開始

社会

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena

 外見では障害等があるとわかりにくい人が、周囲に援助や配慮の必要性を知らせる「ヘルプマーク」が、神奈川県で本格導入される。東京都で生まれたこのマークがどのような効果をもたらすか、展望や課題を全3回で取り上げる。

 ヘルプマークは免許証程度の大きさ。赤い樹脂製の素材に白い十字とハートが描かれており、バッグなどにつけられる。人工股関節を利用する東京都議が提案し2012年に作られた。内臓機能の障害を指す「内部障害」のある人や義足などを使う人、または妊娠初期の人が主な対象者だ。

 都が全国に利用を呼びかけ、これまでに5府県が導入。神奈川県保健福祉局によると、県でも2016年度11月の補正予算で推進事業費を計上し、1万個を製作。今年3月末までに配布開始の予定だ。当事者や保護者から「導入して欲しい」という声が多数寄せられたことも、取り入れた理由のひとつだという。

周知活動に弾み

 県の導入に先駆けて普及活動をしてきたのが、横浜市戸塚区在住の福崎哲夫さん(67)だ。福崎さんは13年に半身不随の女性を手助けした際、彼女がつけていたヘルプマークで存在を知った。多くの人に知ってもらう必要性を感じ、活動を開始。6人の仲間と、周囲への呼びかけのほか、街なかの掲示板にポスターを張り付けている。注目してもらえるよう、10日に1度、新たなデザインに作り変えるなど工夫を凝らす。

 これまでに掲示板を見たという6人にマークを渡した。中には、大きな音などで混乱する精神障害に悩む人も。後日「マークのおかげで周りの方から気遣ってもらえるようになった」という感謝の連絡があった。

 昨年末に地域の福祉イベントで行ったアンケートでは、9割の人に認知されていなかったという。「導入は良いこと。社会に受け入れられるよう、引き続き頑張りたい」     (続く)

神奈川県が今年導入する「ヘルプマーク」について3回にわたり連載します

栄区版のローカルニュース最新6

木村さんが楽しさ伝える

木村さんが楽しさ伝える スポーツ

サッカー教室に約70人

2月23日号

小学校に税の解説本寄贈

市内7法人会

小学校に税の解説本寄贈 社会

授業での活用を期待

2月23日号

「子どもの貧困」考える

「子どもの貧困」考える 社会

区社協が研修会

2月23日号

3月末までに配布開始

ヘルプマーク導入へ(上)

3月末までに配布開始 社会

2月23日号

3種目で初の全国大会へ

3種目で初の全国大会へ スポーツ

セントラル本郷台・児嶋さん

2月23日号

入学前に園児が交流

入学前に園児が交流 教育

たっちーらんどでフェス

2月23日号