保土ケ谷区版 掲載号:2014年11月6日号 エリアトップへ

(PR)

薬剤師北井康一さんに聞く 習慣改善でアンチエイジング 食べることから始めよう

掲載号:2014年11月6日号

  • LINE
  • hatena
薬の説明をする北井さん
薬の説明をする北井さん

 「最近、目が疲れやすい」「昔に比べて、いろいろなことへのやる気が起きない」。こういったことは全て老化が原因かもしれない。「老化には、心と体、それぞれの衰えがあります」と話すのは保土ケ谷区にゆかりの深い薬剤師・北井康一さん(スカイビル薬局・代表取締役社長)。先日、アンチエイジングの講演も行った北井さんに、老化予防について聞いてみた。

 ―老化を防ぐには、どのようなことを心がけると良いのでしょうか?

 「若々しい気持ちで、規則正しい生活をすることが大前提です。その上で、医食同源という言葉があるように、バランスの良い食生活が健康につながります。ただし、江戸時代の学者、貝原益軒が言った「腹八分目に病なし」のように、食べ過ぎないことが長寿にもつながるので、『もう一口』というところで食事を終わらせることも大切です」

 ―具体的にはどのような食事が良いのでしょうか?

 「コレステロールや中性脂肪の多い食事は避け、食物繊維を摂ることが大切です。具体的には、鶏もつやバター、卵黄などはコレステロールが高めです。果物類やチョコレートなどの菓子類などは糖質が多く、こちらも控えた方が良いですね。繊維類の多いカボチャやひじき、寒天などは積極的に食べると良いでしょう。青魚なども体にいいとされています」

「お薬手帳」を活用

 ―講演では、お薬手帳のお話もされたそうですね。

 「『お薬手帳』とは患者さんの薬の服用歴が記録されているもので、薬局などでもらえます。処方箋と一緒に薬局に持参すると、処方された薬の名前と用法・用量を記載してくれます。災害などが起きた時、その人がどんな薬を飲んでいたのか一目で把握できるので、非常事態時でも適切な薬がすぐにわかります。また、新しく薬を処方してもらう際、現在服用中の薬の重複も防げますよ」

 ―医師との付き合い方もお薬手帳が活用できるとか

 「短い診察時間に、自分の症状や体質、病歴を説明するのは難しい。なので、伝えたいことや質問事項を手帳にメモしておくと、スムーズに診察してもらえます。また、体調や薬のことで少しでも疑問や心配事があれば、遠慮せず率直に尋ねることも重要ですね。何か気になることがあれば、お気軽にご相談ください」

■横浜市西区2の19の12スカイビル9階「スカイビル調剤薬局」【電話】【FAX】045・453・4193へ。

スカイビル調剤薬局

横浜市西区高島2-19-12スカイビル9階

TEL:045-453-4193

http://www.skybiru-yakkyoku.com/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

「放置は危険、治療の継続を」

歯科治療は「不要不急」ではありません 保土ケ谷区歯科医師会

「放置は危険、治療の継続を」

大切なのは「正しく恐れること」

8月6日号

「夏休みに矯正治療を始めてみませんか」

「夏休みに矯正治療を始めてみませんか」

鶴ヶ峰 たけのうち矯正歯科

7月30日号

本格料理を安心して堪能

「お肉でコロナを吹っ飛ばそう!」 天王町駅徒歩1分モンテファーレ

本格料理を安心して堪能

7月30日号

不動産問題に対応

不動産問題に対応

宅建協会が無料相談会

7月30日号

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

一人じゃない安心感

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

8月4日 送迎付き見学会(体験昼食付)

7月23日号

不動産の売却は「相鉄」におまかせ

マンション土地・戸建など

不動産の売却は「相鉄」におまかせ

新サービス「住んだまま買い取りプラス」も好評

7月23日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク