保土ケ谷区版 掲載号:2014年11月6日号 エリアトップへ

(PR)

薬剤師北井康一さんに聞く 習慣改善でアンチエイジング 食べることから始めよう

掲載号:2014年11月6日号

  • LINE
  • hatena
薬の説明をする北井さん
薬の説明をする北井さん

 「最近、目が疲れやすい」「昔に比べて、いろいろなことへのやる気が起きない」。こういったことは全て老化が原因かもしれない。「老化には、心と体、それぞれの衰えがあります」と話すのは保土ケ谷区にゆかりの深い薬剤師・北井康一さん(スカイビル薬局・代表取締役社長)。先日、アンチエイジングの講演も行った北井さんに、老化予防について聞いてみた。

 ―老化を防ぐには、どのようなことを心がけると良いのでしょうか?

 「若々しい気持ちで、規則正しい生活をすることが大前提です。その上で、医食同源という言葉があるように、バランスの良い食生活が健康につながります。ただし、江戸時代の学者、貝原益軒が言った「腹八分目に病なし」のように、食べ過ぎないことが長寿にもつながるので、『もう一口』というところで食事を終わらせることも大切です」

 ―具体的にはどのような食事が良いのでしょうか?

 「コレステロールや中性脂肪の多い食事は避け、食物繊維を摂ることが大切です。具体的には、鶏もつやバター、卵黄などはコレステロールが高めです。果物類やチョコレートなどの菓子類などは糖質が多く、こちらも控えた方が良いですね。繊維類の多いカボチャやひじき、寒天などは積極的に食べると良いでしょう。青魚なども体にいいとされています」

「お薬手帳」を活用

 ―講演では、お薬手帳のお話もされたそうですね。

 「『お薬手帳』とは患者さんの薬の服用歴が記録されているもので、薬局などでもらえます。処方箋と一緒に薬局に持参すると、処方された薬の名前と用法・用量を記載してくれます。災害などが起きた時、その人がどんな薬を飲んでいたのか一目で把握できるので、非常事態時でも適切な薬がすぐにわかります。また、新しく薬を処方してもらう際、現在服用中の薬の重複も防げますよ」

 ―医師との付き合い方もお薬手帳が活用できるとか

 「短い診察時間に、自分の症状や体質、病歴を説明するのは難しい。なので、伝えたいことや質問事項を手帳にメモしておくと、スムーズに診察してもらえます。また、体調や薬のことで少しでも疑問や心配事があれば、遠慮せず率直に尋ねることも重要ですね。何か気になることがあれば、お気軽にご相談ください」

■横浜市西区2の19の12スカイビル9階「スカイビル調剤薬局」【電話】【FAX】045・453・4193へ。

スカイビル調剤薬局

横浜市西区高島2-19-12スカイビル9階

TEL:045-453-4193

http://www.skybiru-yakkyoku.com/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

子持昆布の取扱量 日本一

創業以来「自然の恵みに感謝」の姿勢守る

子持昆布の取扱量 日本一

(株)マーケティングイン谷屋

6月10日号

親子で楽しむクッキング

地域の子育て家庭を応援します 初音丘学園ピッコリーノ

親子で楽しむクッキング

アレルギーや偏食 「悩まないで」

6月10日号

「補聴器のことなら何でもご相談下さい 」

「補聴器のことなら何でもご相談下さい 」

リケン補聴器センター横浜店

6月10日号

「マッサージや電気・薬で 腰痛が治るなんて嘘でした」

金・プラチナの買取強化

査定・宅配・出張無料の買取店わかば

金・プラチナの買取強化

タンスの奥に眠ったままの宝飾品など

6月10日号

地域から行動、発信

県・市の両認証を獲得

地域から行動、発信

株式会社ヨコレイ

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月3日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter