保土ケ谷区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 区の独自施策が奏功

    感震ブレーカー

    区の独自施策が奏功 社会

    昨年度1412個の設置促進

     大きな揺れを感知すると自動的に電気の供給を遮断する「感震ブレーカー」の設置費用の一部を行政が助成する事業で、保土ケ谷区内では昨年度、制度を活用し1412個の設...(続きを読む)

    6月20日号

  • 保土ケ谷から2店が参戦中

    保土ケ谷から2店が参戦中 経済

    ハンバーグの横浜王座決定戦

     横浜市内商店街のナンバーワンハンバーグを決する「ガチハンバーグ!」の投票が始まった。保土ケ谷区内からは2店舗がエントリー。それぞれが趣向を凝らした一品で「王座...(続きを読む)

    6月20日号

  • 新劇場整備へ検討委設置

    横浜市

    新劇場整備へ検討委設置 文化

    多面舞台備え集客効果狙い

     横浜市は新たな劇場整備に向け、6月中に有識者らで構成する検討委員会を設置する。横浜市会で4日、市が提出した「検討委設置の条例制定」の議案が賛成多数で可決された...(続きを読む)

    6月13日号

  • 稀代の名器 音色蘇る

    横浜国立大学

    稀代の名器 音色蘇る 文化

    修理費出資者集め演奏会

     横浜国立大学(長谷部勇一学長)が大正時代から所有しているドイツ製のグランドピアノの修理が終了し、6月上旬にお披露目演奏会が開かれた。音色の復活へ向け...(続きを読む)

    6月13日号

  • 外遊びの安全確保に苦悩

    横浜市内認可保育園

    外遊びの安全確保に苦悩 社会

    4割が狭い園庭

     大津市の園児死亡事故から1カ月、市内でも安全対策が進む中、保育現場からは「これ以上どうすれば」という困惑の声も聞かれる。特に園外での活動が日常的に必要となる、...(続きを読む)

    6月6日号

  • 新広報車を導入

    保土ケ谷交通安全協会

    新広報車を導入 社会

    57の法人、個人から200万円超の寄付

     保土ケ谷交通安全協会(板橋悟会長)はこのほど、約20年間にわたり交通安全活動の普及に使用されていた旧広報車に代わり、新広報車を導入した。区内の交通事故防止の啓...(続きを読む)

    6月6日号

  • 外国人人口10万人超え

    横浜市

    外国人人口10万人超え 社会

    多言語相談など支援強化

     2019年4月末時点で、横浜市の住民基本台帳に記載された外国人人口が、初めて10万人を超えた。10万人超えの市区町村は、全国で大阪市に次いで2番目。改正入管法...(続きを読む)

    5月30日号

  • スマホ決済普及へ実証実験

    洪福寺松原商店街

    スマホ決済普及へ実証実験 経済

    浜銀のサービス使い18店で

     洪福寺松原商店街(伊藤彰芳理事長)で、スマートフォンを使ったキャッシュレス決済の実証実験が始まった。保土ケ谷区と横浜銀行、横浜国立大学が連携した取り...(続きを読む)

    5月30日号

  • 市、夏までに詳細周知

    幼児教育・保育無償化

    市、夏までに詳細周知 社会

    コールセンター開設も

     幼児教育・保育を10月から無償化する改正子ども・子育て支援法が5月10日、国会で成立した。無償化に伴う事務を担う横浜市は実施に向けた準備を進め、夏休みまでには...(続きを読む)

    5月23日号

  • 国交大臣表彰を受賞

    境木ふれあいの樹林運営委員会

    国交大臣表彰を受賞 社会

    良好な維持管理などが評価

     境木ふれあいの樹林運営委員会(縣洋之会長)=人物風土記で紹介=が「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受賞した。北部公園緑地事務所によると、同所が...(続きを読む)

    5月23日号

  • 未就園児の安全確認 推進

    横浜市

    未就園児の安全確認 推進 社会

    家庭訪問で虐待防止へ

     横浜市は今年度、児童虐待防止の観点から保育所や幼稚園などに所属していない未就園児らの状況を把握するため、家庭訪問を行う。これまで以上に児童の安全確認・確保に努...(続きを読む)

    5月16日号

  • 三ツ沢をブルーで染める

    横浜FC

    三ツ沢をブルーで染める スポーツ

    6月29日に保土ケ谷区民デー

     川島町を拠点とするサッカーJ2・横浜FCと保土ケ谷区役所は6月29日(土)にホーム・ニッパツ三ツ沢球技場で行うファジアーノ岡山戦を「保土ケ谷区民DA...(続きを読む)

    5月16日号

  • 11月30日に開業

    相鉄・JR直通線

    11月30日に開業 社会

    毎時最大4本程度

     相模鉄道(株)(相鉄)と東日本旅客鉄道(株)は工事が進められている「相鉄・JR直通線」について今年11月30日に開業すると発表した。これにより都心へ...(続きを読む)

    5月1日号

  • 「日本の顔になる」

    横浜FC斉藤光毅選手

    「日本の顔になる」 スポーツ

    令和時代の怪物候補

     スポーツシーンでは時代ごとに怪物と呼ばれる逸材が登場する。川島町に拠点を構えるサッカーJ2「横浜FC」に令和時代のサッカーシーンをけん引する可能性を...(続きを読む)

    5月1日号

  • 庭の手入れボラ本格稼働

    常盤台地区

    庭の手入れボラ本格稼働 社会

    独居高齢者宅など対象に

     常盤台地区で2017年に立ち上がった庭の手入れボランティア「ありが隊」が今春から本格的に稼働を開始した。20人ほどの地域住民有志が隊員となり独居の高齢者宅など...(続きを読む)

    4月25日号

  • 豊作願い鍬入れ式

    ほどがや元気村

    豊作願い鍬入れ式 社会

    区内唯一の水田で児童55人

     保土ケ谷区内に残る唯一の水田を利用して子ども向けの伝統農業体験教室などを行っている川島町の「ほどがや☆元気村」(泉俊郎村長)で4月20日、1年を通じ...(続きを読む)

    4月25日号

  • 「発展に向け、躍動する年に」

    「発展に向け、躍動する年に」 社会

    林市長、新年度の方針示す

     2019年度のスタートにあたり、本紙では林文子市長にインタビューを行った。ラグビーW杯やアフリカ開発会議など国際的なイベント開催をチャンスととらえ、積極的な投...(続きを読む)

    4月18日号

  • 区独自のエンディングノート

    区独自のエンディングノート 社会

    テーマは第二の人生の歩み

     人生の転機を迎える50代後半から60代の区民が今後のライフプランを考えてもらうきっけかになればと、保土ケ谷区がこのほど「保土ケ谷区版エンディングノー...(続きを読む)

    4月18日号

  • 齋藤氏がトップ当選

    統一地方選市議選

    齋藤氏がトップ当選 政治

    新人も2人が議席確保

     現職と新人それぞれ4人が立候補し4月7日に投開票された横浜市会議員選挙保土ケ谷区選挙区(定数5)は公明党の現職・齋藤伸一氏(51)が1万4016票を獲得しトッ...(続きを読む)

    4月11日号

  • 堅守速攻で全国準V

    岩崎中女子ハンドボール部

    堅守速攻で全国準V スポーツ

    悲願は夏へ持ち越し

     岩崎中学校の女子ハンドボール部が春休み期間中に富山県内で開かれた「第14回春の全国中学生ハンドボール選手権大会」で準優勝した。ここ数年、全国大会へ続...(続きを読む)

    4月11日号

  • 地域自慢かるた完成

    川島小3年1組

    地域自慢かるた完成 教育

    子ども目線で46首

     川島小学校の3年1組の児童36人が総合的な学習の時間の授業で1年間にわたり制作を進めてきた46首からなる「川島じまんかるた」が、進級を間近に控えた3月末に完成...(続きを読む)

    4月4日号

  • 上星川の温浴施設が選挙割

    統一地方選

    上星川の温浴施設が選挙割 政治

    投票証明書持参でサービス

     3月29日に告示され4月7日(日)に投開票される統一地方選挙で、上星川の温浴施設「満天の湯」(森山元明代表取締役)が投票証明書を提示すると割引サービ...(続きを読む)

    4月4日号

  • 有事にドローン活用

    保土ケ谷警察署

    有事にドローン活用 社会

    区内の民間企業と協定締結

     保土ケ谷警察署(片桐俊彦署長)は3月18日、区内で小型無人航空機・ドローン事業を展開している会社、(株)JINSOKUTSU(南博司代表取締役社長)...(続きを読む)

    3月28日号

  • 16年ぶりに改定

    都市マス保土ケ谷区プラン

    16年ぶりに改定 社会

    20年後のまちの将来像示す

     保土ケ谷区はこのほど区のまちづくりの基本方針となる「都市計画マスタープラン保土ケ谷区プラン」を改定し公表した。前計画の策定から15年余りが経過し、人口減少や高...(続きを読む)

    3月28日号

  • 耐震性なし300棟超

    市指定路線沿道建築物

    耐震性なし300棟超 社会

    結果をホームページで公表

     横浜市はこのほど、高速道路や国道1号・16号線など、市内主要幹線道路20路線に面した沿道建築物のうち、旧耐震基準で建築された建物について、所有者等に義務づけた...(続きを読む)

    3月21日号

  • 住民主導で素案づくり

    常盤台地区連合町内会

    住民主導で素案づくり 社会

    バリアフリー基本構想

     羽沢横浜国大駅の開業を控え、常盤台地区連合町内会(石川源七会長)らがこのほど、住民提案制度を活用し、バリアフリー基本構想の素案をまとめ、市道路局に提...(続きを読む)

    3月21日号

  • 帷子川にサケの稚魚放流

    帷子川にサケの稚魚放流 社会

    震災復興支援で3千匹

     東日本大震災から8年となる前日の3月10日、川辺町親水公園で、サケの稚魚を放流するイベントが開かれた。震災復興支援イベントとして行われている取り組み...(続きを読む)

    3月14日号

  • 改修工事終え再開場

    サーティーフォー保土ケ谷球場

    改修工事終え再開場 スポーツ

    命名権料も工事費に充当

     県立保土ケ谷公園内の硬式野球場「サーティーフォー保土ケ谷球場」の改修工事が完了し3月16日(土)から再開場する。外野の照明塔やスタンド下にある投球練習場の照明...(続きを読む)

    3月14日号

  • 10日からはしご酒企画

    和田町駅周辺

    10日からはしご酒企画 社会

    14店が参加、テーマは「春味」

     相鉄線和田町駅周辺の飲食店14店舗が参加し3月10日(日)から31日(日)までの3週間、「わだまち呑兵衛七福神800」と題したはしご酒イベントが催さ...(続きを読む)

    3月7日号

  • 大腸がん検診を無料化へ

    横浜市

    大腸がん検診を無料化へ 社会

    受診者増目指す

     横浜市は、大腸がん検診の自己負担額を今年4月から無料化する。大腸がん検診は、2016年度に国の無料クーポンが廃止され受診者数が減少していた。市は無料化に対して...(続きを読む)

    2月28日号

直葬でも心ゆくまでのお別れを

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

直葬でも心ゆくまでのお別れを

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「雨に唄えば」上映

「雨に唄えば」上映

アートホールで22日

6月22日~6月22日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク