保土ケ谷区版 掲載号:2018年5月3日号 エリアトップへ

(PR)

診療機能を拡充 聖隷横浜病 院 「乳腺センター」を開設 女性医師も対応

掲載号:2018年5月3日号

  • LINE
  • hatena
徳田裕乳腺センター長
徳田裕乳腺センター長

 女性が患う「がん」のうち最も多いとされる「乳がん」。日本人女性の12人に1人が罹患するとされ、30代から増え始め、40代で罹患率が高まるといわれている。

 岩井町の聖隷横浜病院(林泰広院長)は4月から診療機能を拡充し、乳がんを中心に診療にあたる「乳腺センター」を開設した。

 センター長に就いた徳田裕医師は日本乳癌学会の理事を務め、東海大学医学部乳腺内分泌外科(伊勢原市)の教授として長きに渡り乳がん治療にあたってきた。

 センターでは徳田氏とともに乳腺専門の女性医師や看護師、病理専門医、放射線診断専門医、超音波検査技師などとカンファレンスを行い、チームで治療方針を決定している。

 予約がなくても受診が可能で、その日のうちにマンモグラフィ(乳房X線撮影)や超音波検査による診断結果が出る。手術(入院治療)や化学療法治療も行っている。

セルフチェックと定期的な検診を

 徳田センター長は「乳がんは痛みのない病気です。30歳を過ぎたら日頃からセルフチェックを行う習慣をつけ、40歳になったら1年に一度はマンモグラフィと超音波検査による検査を受け、早期発見に努めることが大切です」と話す。

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 聖隷横浜病院

横浜市保土ケ谷区岩井町215

TEL:0457153111

http://www.seirei.or.jp/yokohama/

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

ラー博30年史、味わいつくそう

新横浜ラーメン博物館「あの銘店をもう一度」

ラー博30年史、味わいつくそう

6カ月入場無料パスプレゼント

6月30日号

病態に応じた低侵襲(ていしんしゅう)の手術を提供

首・腰の手術に特化

病態に応じた低侵襲(ていしんしゅう)の手術を提供

「専門医による介入」が大切

6月30日号

歯科検診後に矯正をスタート

歯科検診後に矯正をスタート

鶴ヶ峰 たけのうち矯正歯科

6月23日号

相続・遺言の相談会

相続・遺言の相談会

23日・24日 保土ケ谷公会堂

6月16日号

補聴器購入キャンペーン実施中

相談会受付中「あなたのきこえに寄り添います」

補聴器購入キャンペーン実施中

リケン補聴器センター横浜店

6月16日号

シンプルな葬式なら

よこはま直葬センター

シンプルな葬式なら

直葬11万から

6月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook