多摩版 掲載号:2019年1月24日号 エリアトップへ

「50周年で大きな変革を」 ココリアでヴェルディギャラリー

スポーツ

掲載号:2019年1月24日号

  • LINE
  • hatena
今シーズンの抱負を語る羽生社長
今シーズンの抱負を語る羽生社長

 新年恒例となった「ヴェルディギャラリーin多摩センター」が1月12日・13日の2日間、ココリア多摩センターで開催された。

 今年で13回目を迎えた同イベント。多摩市をホームタウンとする東京ヴェルディを応援しようと、地元の「多摩センター地区連絡協議会」(小林昭三会長)とヴェルディの共催で行われている。

 会場となったココリアホールに、2018年シーズンの写真パネルが展示される中で、両日とも、選手のトークショーとサイン会などが行われた。12日には、シーズンインセレモニーが開催され、多摩センター地区連絡協議会の小林会長が挨拶。続いて、阿部裕行多摩市長がチームを激励し、自らが音頭を取ってサポーターと一緒に「勝つぞ」コールで会場を盛り上げた。その後、ヴェルディの羽生英之社長が「今年クラブは50周年を迎える。50周年ということで、大きな変革をしたいと思う。変わらなければいけないし、ずっと変わり続けなければいけない。もちろん、ヴェルディのアイデンティティは何かというのは理解している。変わらない部分はもちろんそのままですが、変化を楽しんでいただければと思います」と挨拶。加えて「今シーズン、新しい監督を迎えます。初めからうまくいくかどうかわからないけども、温かい気持ちで迎えていただければ。今年も1年間最後まで、元気で仲良く、どんなに状況が悪い時でもしっかりサポートしてください」とユーモアを交えながら、抱負を語り、サポーターに呼び掛けた。

 その後、ヴェルディのチアダンスチーム「ヴィーナス」によるパフォーマンスとトークショー、今シーズンから完全移籍した奈良輪雄太選手のトークショーが行われた。奈良輪選手は昨シーズンを振り返るとともに、チームメートやプライベートにふれ「昨年以上に努力して、いい結果を残せるように頑張るので、皆さん一緒に戦っていきましょう」と意気込みを語り、サポーターへ応援を呼び掛けた。

奈良輪選手のトークショーも
奈良輪選手のトークショーも

多摩版のローカルニュース最新6

「100人斬り」に注目

永山出身橋本さん

「100人斬り」に注目 社会

ポートレート企画

12月2日号

多くの動物とも出会える

多くの動物とも出会える 社会

ファンも存在?

12月2日号

実は英会話教室の激戦区

実は英会話教室の激戦区 経済

書店も充実

12月2日号

イルミ幻想的に

イルミ幻想的に 社会

来年2月まで点灯

12月2日号

盛り上がり支える

盛り上がり支える 社会

地元商店会がひと役

12月2日号

魚、どう見極め

魚、どう見極め 社会

年末年始用 マグロ職人に聞く

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook