多摩版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

「聖蹟桜ヶ丘は心のふるさと」 ハートフルコンサート 今年も大盛況

文化

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
『カントリー・ロード』などを披露した本名陽子さん
『カントリー・ロード』などを披露した本名陽子さん

 聖蹟桜ヶ丘駅の東側に位置し、65店舗が加盟する中央商店会(飯島聖士会長)が主催する「第15回せいせきハートフルコンサート」が9月21日、関戸公民館ヴィータホールで盛大に開催された。

 まちおこしイベントとして、2005年にスタートした同コンサート。15回目を迎えた今回、地元だけでなく岡山や千葉、静岡などから約200人が会場を訪れた。

 当日は、多摩中学校の三浦摩利教諭が総合司会を務め、聖蹟桜ヶ丘がモデル地になったとされるスタジオジブリの『耳をすませば』で主人公の「月島雫」の声を務めた本名陽子さんの他、多摩中学校の生徒や卒業生、同商店会主催の「ふれあい路上ライブ」に出演する八木祥之さん、立原伸之さん、矢野ひろよしさん、女性ユニット「鳴かない魚」が出演。

 本名さんは『カントリー・ロード』やジブリ作品の名曲を披露し、歌の合間には、声優の仕事に対する思いや、昨年逝去された高畑勲さんとのエピソードなどを語った。

 多摩中学校の生徒たちは、それぞれ『耳すま』の好きなシーンを演じた他、聖蹟桜ヶ丘の好きな場所などを絵で紹介。さらに本名さんへの質問コーナーで、受験に対するエピソードや同作品で一番好きなセリフなどを訪ねると、本名さんが受験の思い出とともに、『耳すま』で天沢聖司の声を務めた高橋一生さんとの思い出などを語った他、”嫌な奴”という名シーンのセリフを再現し、会場を盛り上げた。

 コンサートの最後には、本名さんに加え、出演者全員が登壇し、来場者と共に『カントリー・ロード』を熱唱した。

 終了後に本名さんは本紙の取材に対し「聖蹟桜ヶ丘は心のふるさと。これからもカントリー・ロードを歌い続けてまいります」と語った。同商店会の飯島会長は「15回目を迎え、回を重ねるごとに評判も良くなって来ている。今回も遠方から来場いただいた。多くの方に街に来ていただき商店会を利用してもらえれば。今後もできる限り継続していきたい」と話した。
 

多摩中学校の生徒・卒業生が地元の好きなところを発表
多摩中学校の生徒・卒業生が地元の好きなところを発表
ふれあい路上ライブの出演者も歌を披露した
ふれあい路上ライブの出演者も歌を披露した

多摩版のローカルニュース最新6

一年の無病息災を祈願

一年の無病息災を祈願 社会

市内各所で「どんど焼き」盛大に

1月23日号

1419人が晴れの門出祝う

1419人が晴れの門出祝う 社会

多摩市成人式 今年も盛大に

1月23日号

「ボッチャ」を体験してみよう

「ボッチャ」を体験してみよう スポーツ

1月30日 消費生活センターで

1月23日号

笑いを日々の生活に

笑いを日々の生活に 文化

こぶし館で「笑いヨガ」体験

1月23日号

創作劇で平和の尊さ継承

創作劇で平和の尊さ継承 教育

今年は『ぞう列車よ走れ』上演

1月23日号

契約行為から我が子を守る

契約行為から我が子を守る 社会

消費者生活センターが講演会

1月23日号

原発事故の最前線描く

原発事故の最前線描く 文化

イオンシネマで試写会

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今どきの妊活について知る

今どきの妊活について知る

健康センターで講演会

2月2日~2月2日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク