多摩版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

国士舘高校 甲子園交流試合「悔いなく、楽しく」 参加を表明 練習を再開

スポーツ

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena
学年ごとに分散で練習が再開され、守備練習を行う3年生
学年ごとに分散で練習が再開され、守備練習を行う3年生

 今春の「第92回選抜高等学校野球大会」に出場予定だった32校を招待して、甲子園球場で8月に開催される「2020年甲子園高校野球交流試合」。国士舘高校(岩渕公一校長)は6月15日、同試合への参加を表明し、16日に同大学多摩キャンパス(永山)の野球場で練習を公開した。

 昨年の秋季都大会を制し、春のセンバツに2年連続10回目の出場を決めていた同校。新型コロナウイルスの影響で同大会のみならず、夏の選手権大会も中止となり、甲子園の土を踏むことがかなわなかった。

 そうした中、東京都高等学校野球連盟は6月1日、夏の選手権大会予選の代替大会となる独自の夏季大会を東西に分けて開催することを決定。10日には日本高等学校野球連盟が春のセンバツに出場する予定だった32校を甲子園球場に招待し、8月10日から交流試合を行うことを発表した。

 同校は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月5日から休校。野球部は春のセンバツの中止が決まった翌13日から活動を休止していた。緊急事態宣言の解除を受け、6月1日から分散登校が始まり、夏季都大会に向けて3年生は2日から2カ月ぶりに練習を開始。16日から1、2年生も練習を開始した。

「喜び計り知れない」

 13日に学校長から甲子園交流試合に参加することを聞いたという永田昌弘監督。「選手たちにも伝えたが、東京の子はクールで体で喜びを表現するようなことはなかった」と苦笑。続けて「センバツの代替大会が行われることは諦めていた。1試合だけでも甲子園でできる喜びは計り知れない。勝って終われるように、モチベーションをあげながらやっていきたい」と語る。都大会は3年生だけ、交流試合は昨年の秋季大会のメンバーを中心に臨むという。

 鎌田州真主将(3年)は「甲子園でできると思っていなかったのでびっくりしたけど嬉しかった」と一報を聞いた時の心境を語る。休校期間中は、旧友たちとトレーニングをしていたものの、甲子園出場という目標がなくなり練習に身が入らない時期もあった。それでも次のステージに向けてうまくなろうと切り替えてトレーニングに取り組んでいたという。「都大会を優勝して甲子園に行きたい。高校最後なので、全員で気持ちをひとつにして協力して良いチームにしていきたい。悔いのないように、楽しくプレーしたい」と抱負を語った。

 エースの中西健登選手(3年)も「甲子園で試合ができないと思っていたので嬉しい」と喜びを語る。昨年のセンバツで負けた明石商(兵庫県)との対戦を熱望し、リベンジを誓う。「最高の舞台に立てることは幸せなこと。このメンバーで勝って終わるのが一番。そこを目指していきたい」と最後の大会に向けて目標を語った。

 なお、夏季都大会は7月18日(土)に開幕。東西の優勝校同士で試合を行い、東京王者が決まる。また甲子園交流試合は8月10日(月)から各校1試合ずつ試合が行われる。

意気込みを語る鎌田主将(左)と中西投手
意気込みを語る鎌田主将(左)と中西投手

多摩版のローカルニュース最新6

航空斜写真で見る多摩NT(ニュータウン)

航空斜写真で見る多摩NT(ニュータウン) 文化

丸善多摩センター店でコラボ展

8月6日号

先人の体験・思いと平和観を

先人の体験・思いと平和観を 社会

伝承活動を行う天野佳世子さん

8月6日号

次世代が伝えたいこと

次世代が伝えたいこと 社会

被爆地訪れた2人に聞く

8月6日号

「みんなで楽しみましょう」

市バスケ連盟

「みんなで楽しみましょう」 スポーツ

元日本代表招き 子ども向けクリニック

8月6日号

コロナ禍でも「地域のために」

コロナ禍でも「地域のために」 社会

受付続ける関戸の葬儀ホール

8月6日号

俳句・川柳を募集

永山公民館

俳句・川柳を募集 文化

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

豪華絢爛な縄文土器を

豪華絢爛な縄文土器を

関戸公民館で特別展示

8月8日~8月23日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク