伊勢原版 掲載号:2012年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

2月に開催される国体のスキー競技「大回転」に県代表として出場する 西川 蘭丸さん 池端在住 15歳

感謝を胸に いざ国体へ

 ○…2月に岐阜県で行われる国体冬季大会のスキーアルペン競技「大回転」に県の代表として出場する。1月の選考会で上位に入賞し代表選手に。代表6人の中で唯一の中学生だ。「結果はもちろんうれしいですが、自分の力を全部を出し切れたかというと…。やっぱり悔いは残ります」。国体初出場を決めた喜びよりも、レースで残った悔しさの方が大きいようだ。

 ○…コースに立てられたポールを通過しながら約1千mを滑走する大回転。時に時速70Kmを超すスピードでタイムを競う。スキーを愛好する両親の影響もあり桜台小3年の時に競技を本格的に始めた。普段は早朝のランニングや筋力トレーニングに励み、冬場は土日、冬休みを利用し父の運転で地方のレーシングスクールに通った。「同年代の選手たちとの練習はとても刺激的だった」と振り返る。現在は私立中学校でスキー部に在籍し「国体で8位入賞」を目標に日々練習に汗を流している。

 ○…雪国に暮らす選手の方が練習環境は恵まれているが、持ち前の負けん気と努力でこれまで多くの大会に出場し、部屋には数々のトロフィーと賞状が並ぶ。国体にさきがけ来月、宮城県で行われる全国中学校スキー大会にも出場する。もちろん狙うは上位入賞だが「震災で大変な状況にもかかわらず、大会を実施してくださるのは本当にありがたい。全身全霊のレースで恩返ししたい」と話す。

 ○…競技の影響か「速い物が好き」と部屋に飾ったスペースシャトルの模型を指差し「将来はパイロットか自動車の開発に携わりたい」と青写真を描く。競技を離れてもスキーは生涯続けていくつもりだ。「大好きなスキーに打ち込めるのは両親のおかげ。感謝を忘れることなくしっかり練習を積み、万全の状態で国体に挑みたいです」。笑顔で健闘を誓った。
 

伊勢原版の人物風土記最新6件

落合 順子さん

市立図書館で朗読体験連続講座の講師を務める

落合 順子さん

2月16日号

越水 真理さん

国際交流を行う「ワールドキャンパスいせはら」の代表を務める

越水 真理さん

2月9日号

藤原(ふじはら) 京子さん

伊勢原聖書キリスト教会でゴスペルクワイアを立ち上げる

藤原(ふじはら) 京子さん

2月2日号

半田 真一郎さん

県バスケットボール協会専務理事として神奈川県体育功労者表彰を受賞した

半田 真一郎さん

1月26日号

志村 功さん

1月1日付で伊勢原市観光協会事務局長に就任した

志村 功さん

1月19日号

吉川(きっかわ) 翔太(しょうた)さん

神戸青年会の会長を務める

吉川(きっかわ) 翔太(しょうた)さん

1月12日号

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク