伊勢原版 掲載号:2014年9月19日号 エリアトップへ

向上高校野球部 Y校に敗退 先輩超えへ決意あらた

スポーツ

掲載号:2014年9月19日号

  • LINE
  • hatena
一志健太投手(9月13日撮影)
一志健太投手(9月13日撮影)

 県高校野球秋季県大会(参加92チーム/県高野連主催)の2回戦、向上(平田隆康監督)対横浜商業が9月13日、いせはらサンシャインスタジアム(西富岡)で行われ、5対7で向上が敗れた。春の県大会と関東大会、そして夏の神奈川大会で準優勝し伊勢原を沸かせた向上だったが、新チームの船出は厳しいものとなった。チームは来春の県大会にむけ、あらたな一歩を踏み出す。

 7日に同球場で行われた一戦は3回降雨ノーゲームに。この日の再試合にはおよそ400人の観衆が向上側の一塁スタンドとバックネット裏を埋めた。北相地区予選を無敗で勝ち上がった向上だったが、この日は攻守に精彩を欠いた。

 同点で迎えた3回裏に2つの送球エラーで3失点。先発の永冶桂太郎(2年)から小井手和宏(1年)に代えた4回にも失点を重ねた。攻撃では横浜商を上回る9安打を放つも、安易な走塁ミスにくわえ、打線もつながりを欠いた。終盤、エースの一志健太(2年)が2イニングを無失点に抑えるも反撃はならなかった。

 試合後、平田監督は「こうなったら負けるよ、という典型的な展開。実力通りの敗戦」と総括。失点につながった3回裏のバント処理とけん制のミスを挙げ、「選手一人ひとりが役割を理解し、自主性を持って練習を積まなければこの先は難しい」と話した。

差は「気持ちだけ」

 夏の県準優勝で野球部を取り巻く環境は変わった。メディアの露出は増え、試合だけでなく普段の練習にもファンが集まるようになった。また相手チームの分析も以前より細かくなった。 「向上は夏の決勝に20年30年あがれないチームに戻るのか、そうでなくもっと強くなれるのか」。

 試合後、選手に問いかけた平田監督は「(夏に準優勝した)3年生と今のチームの能力は同じ。差は勝ちへの気持ちだけ」と、精神面のレベルアップを求めた。

 1、2年生75人のうち、夏のベンチ入りメンバーは大塚斗頼(2年)とエースの一志。平田監督は「2人を投打の中心に強くなっていけば」と期待する。来春の県大会にむけて部員たちはグラウンドで練習を再開。ファンの視線を背に今日も白球を追いかける。

伊勢原版のトップニュース最新6

市民参加でアート制作

市制施行50周年事業

市民参加でアート制作 社会

写真で「浮世絵」再現

3月5日号

市民活動をwebで支援

アイサポ

市民活動をwebで支援 社会

市と協働イベントを企画

3月5日号

農業にドローン活用へ

大田地区土地改良区

農業にドローン活用へ 経済

県内初の本格導入めざす

2月26日号

ワクチン接種へ体制整備

市議会

ワクチン接種へ体制整備 政治

高山市長が施政方針

2月26日号

一般会計は328億円

伊勢原市予算案

一般会計は328億円 政治

9年ぶりに減少

2月19日号

ワクチン接種へ準備着々

伊勢原市

ワクチン接種へ準備着々 政治

集団と個別 2体制で調整

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク