伊勢原版 掲載号:2016年8月19日号 エリアトップへ

阿夫利睦 滝の整備で伝統守る 大山を昔の姿に

社会

掲載号:2016年8月19日号

  • LINE
  • hatena
二重滝を整備する様子
二重滝を整備する様子

 大山阿夫利神社の秋季例大祭保存会として、大山地区を中心に活動する「阿夫利睦」(磯崎敬三会長/105人)が7月24日、大山中腹にある二重滝の整備を行った。同会では、今後も大山にある6カ所の滝の整備を進めていく。

 阿夫利睦は、毎年8月に行われる大山阿夫利神社秋季例大祭の保存と継承をはじめ、地域振興のための様々な活動を行っている。

 今回整備したのは大山阿夫利神社下社のすぐ下に位置する二重滝。この滝はかつて、大山を登る修験者たちの最後の禊の滝だったとされている。当日は、会員17人が参加し、大小様々な石を動かして積み上げ、滝壺を掘った。二重滝は狭い道沿いにあるため、整備用の重機が入らず、作業はすべて手作業で行われた。

 同会では、大山伝統のひとつである滝の昔の姿を取り戻そうと、4年前から整備を開始。禊の大滝から始まり、今回の二重滝が2カ所目となる。今年4月に「大山詣り」が日本遺産に認定されたこともあり、阿夫利神社からも依頼され、急ピッチで整備を進めている。

 磯崎会長は「大山の滝は歴史ある観光スポット。必ず通りかかるところなので、来た際にはぜひ見ていって欲しい」と話す。

 同会は来年で25周年を迎える。今後は残りの滝の整備を進めていくほか、案内板の設置も検討している。

熊本に義援金

 また、同会は7月2日に開催された総会で、大山阿夫利神社の目黒仁宮司に熊本地震義援金を手渡した。同神社からの義援金と合わせた50万円は、神奈川県神社庁を通じ、熊本の神社などの復興支援に充てられる。目黒宮司は「神社は重要な地域コミュニティ。今回の震災で大きな被害を受けた神社の復興の支援になれば」と話した。

目黒宮司に義援金を手渡す磯崎会長(右)
目黒宮司に義援金を手渡す磯崎会長(右)

伊勢原版のトップニュース最新6

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

防災情報など地図表示

伊勢原市

防災情報など地図表示 経済

国交省のシステム活用

11月12日号

東日本大会に出場へ

軟式野球伊勢原クラブ

東日本大会に出場へ スポーツ

市内5中学の選抜チーム

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook