伊勢原版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

泉心荘 防犯対策DVDの舞台に フィルムコミッションで

社会

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena
施設内の撮影風景
施設内の撮影風景

 三ノ宮の高齢者総合支援センター「泉心荘」で2月10日と11日に福祉施設の防犯対策を啓発するDVD撮影が行われた。公益財団法人日本防災通信協会が企画。「いせはらフィルムコミッション」が泉心荘を選んだ。

 今回の撮影は、2016年に起きた相模原市の障害者支援施設での殺傷事件を契機に、(公財)日本防災通信協会が企画。同財団が進める110番非常通報装置の設置普及や施設の防犯対策強化などを目的にDVD撮影が行われた。

 作品タイトルは「あなたの施設、安全ですか?社会福祉施設における防犯対策(仮題)」。内容は不審者侵入防止対策や侵入された際の職員の対応要領などの防犯対策をまとめたもので、入居者と家族との金銭トラブルから、息子が犯人となって施設に押し入ってくるというストーリー仕立てになっている。

 撮影は施設の内外で行われ、犯人の侵入を防ぐため通路をベッドで封鎖したり、さす股で犯人に対抗するシーンなどが撮られていた。施設長の小泉隆一郎さんは「役者さんの演技は迫力があった。本当にナイフを出されたら職員だけではどうにもならない。警察がすぐに駆けつけられれば、被害は防げるのでは」と話した。

入居者と交流

 撮影修了後には入居者役で出演した俳優の宝田明さんが実際の施設入居者らと交流。一緒に歌を歌ったり、宝田さん自身の戦争体験や役者として学んだことなどを語ると、皆楽しそうに笑顔で耳を傾けていた。

 フィルムコミッションは、伊勢原市を魅力ある街にするためのシティプロモーションの一環で2015年に始動。映画やドラマの撮影場所の誘致や支援を行い、撮影された映像を介して市のイメージアップを図っている。今回DVDを製作する(株)キノックス(本社/東京都)は、これまでに2作品を市内の企業と学校を舞台に撮影している。

宝田明さんとふれあう
宝田明さんとふれあう

愛甲石田駅前にOPEN

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬専用式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

音声拡大読書器など設置

伊勢原市立図書館

音声拡大読書器など設置 社会

視覚障がい者らの補助に

8月12日号

優れた施工業者を表彰

伊勢原市

優れた施工業者を表彰 社会

2022年度優良建設工事

8月12日号

「光の競演」3年振り

絵とうろうまつり

「光の競演」3年振り 文化

幻想的な回廊を演出

8月5日号

戦争への学び深めたい

市内中学生

戦争への学び深めたい 教育

広島平和記念式典に参列

8月5日号

市内でも感染者急増

新型コロナ

市内でも感染者急増 社会

前週比倍増で推移

7月29日号

キクラゲの出荷が最盛期

粟窪石川さん

キクラゲの出荷が最盛期 社会

10月頃まで続く

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook