伊勢原版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

良辯滝で心身清める禊 「大山詣り」の歴史学ぶ

社会

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena
滝に打たれ身を清める参加者
滝に打たれ身を清める参加者

 大山の良辯滝で10月8日と13日に禊と呼ばれる滝行が行われた。これは紅葉の美しい季節を迎える大山をさらに楽しんでもらおうと小田急電鉄(株)が企画したもの。2日間で20人が参加した。

 小田急電鉄(株)が「秋の大山詣り2018」のイベントの一環として開催した禊体験。江戸庶民の信仰と行楽の地として多くの人が訪れた大山詣りの歴史を、体験を通じて多くの人に知ってもらおうと企画されたもので、同社では2014年から紅葉時期の大山で歴史や文化を意識した内容のイベントを毎年行っている。

 禊とは、神前に上がる前に滝や川で身を清めること。大山詣りの際にも滝に打たれ心身を清めてから参詣したとされ、江戸時代の錦絵の題材にも使われている。

 禊が行われた良辯滝は755年に良辯僧正が入山した際に最初に水行を行った場所と言われている。13日は市内外から10人が参加。男性はふんどし、女性は白衣姿に着替え、阿夫利神社神職の指導のもと正式な禊の作法にのっとって一人ずつ順番に滝に打たれ身を清めた。

 小田原から婚約者と一緒に参加したという杉井亜澄香さん(28歳)は「前から一度やってみたくて参加した。悪いものがすべて抜け落ちて気が引き締まった感じ。また機会があれば参加したい」と話していた。

 禊を終えた後、参加者は大山の先導師旅館「東學坊」で神職とともに名物の豆腐料理を堪能した。主催した小田急電鉄(株)の担当者は「禊という珍しい神事を多くの人に体験してもらうことで大山詣りのPRになれば。海外からの観光客にも大山に足を運んでもらうきっかけにできるのでは。ゴールデンウイークなどにも開催できれば」と話している。

伊勢原版のトップニュース最新6

日照り十分 順調な年

大山阿夫利神社

日照り十分 順調な年 文化

伝統の筒粥神事

1月14日号

杉山兄弟が上位独占

ロボットコンテスト

杉山兄弟が上位独占 社会

初出場の目視部門で栄冠

1月14日号

2部制で分散開催へ

成人式

2部制で分散開催へ 社会

10日 オンライン配信も

1月7日号

花火で「元気届け」

大田地区

花火で「元気届け」 社会

クリスマスの夜空彩る

1月7日号

12年に1度の稚児行列

日向薬師

12年に1度の稚児行列 文化

寅年の4月例大祭で開催

1月1日号

発展に向け新たな一歩

発展に向け新たな一歩 政治

新春市長インタビュー

1月1日号

積水ハウスの上質な建物を実感!

施主様のこだわりなど生の声も聴くことができる特別な見学会

https://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/14/3110020010/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook