伊勢原版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

“日向石” 復活へ始動 歴史・文化を後世に伝承

文化

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
原石を割る成瀬さん=1月19日
原石を割る成瀬さん=1月19日

 市内日向地区で、およそ50年前まで採石されていた「日向石」の産業を復活させ、歴史や文化を後世に伝承する民間のプロジェクトがスタートした。1月19日には、日向石の原石を搬出し、石を割って中心部を調べる作業が行われた。

 日向石は日向地区で採掘される凝灰岩。およそ350年前に石切場が開発され、近隣の厚木市七沢地区、清川村煤ヶ谷地区と並んで、大山の東側で採石が盛んに行われてきた。

 軟質で加工がしやすかったことから、墓石のほか、かまどなどの生活用品、建物の基礎などに広く用いられるようになり、日向地区では石材の加工が産業として繁栄。およそ50年前からは、他の産地から石材を購入し、加工するようになったことで、日向石は採石されなくなった。

大山模った箸置き

 復活プロジェクトは、市内桜台にある(有)小山建築設計事務所の一級建築士、荻野貴文さん(33)が、上粕屋に本社・工場を置く(有)成瀬石材店の代表取締役、成瀬善之さん(41)に「伊勢原の石材を建築資材として利用したい」と、連絡してきたことがきっかけ。かつて採石していた石切場や博物館の視察、研究者との面会を通して日向石を調べ、地域の資源を有効活用して産業を復活させ、観光などにつなげる仕組みづくりを練った。

 2人は、日向石が大山の一部を構成している点に着目。日向石を加工した小物の土産品として、大山を模った箸置きの商品化を第一弾として検討。廃材を活用して試作品づくりに着手した。

 日向石は別名、「相模青石」とも呼ばれていたほど、中心部が青い石だった。1月19日に行われた調査には2人のほかに、成瀬さんの父・徳春さん(71)や石の研究者らも参加。縦約1・5m、横約1・2m、厚さ約45cmある約1・3tの原石を搬出して割り、芯が青いことを確認した。

 今後は石の青い部分を使って、3月末までに箸置きの製品化をめざすという。成瀬善之さんは「伊勢原の歴史や文化、技術を伝える製品として、多くの人の目に触れる機会を作っていきたい」と話した。

中心部が青い日向石
中心部が青い日向石
試作品の箸置き
試作品の箸置き

伊勢原版のトップニュース最新6

前田明夫さんが年間賞

神奈川俳壇

前田明夫さんが年間賞 文化

心敬塚からの景色を句に

3月27日号

除菌水を無料配布

エールいせはら店

除菌水を無料配布 経済

「ウイルス対策に役立てて」

3月27日号

学習支援にまとめサイト

市教委

学習支援にまとめサイト 教育

臨時休業の長期化で作成

3月20日号

前田さんに瑞宝双光章

伊勢原市元助役

前田さんに瑞宝双光章 社会

高齢者叙勲を伝達

3月20日号

50周年記念サイト開設

伊勢原市

50周年記念サイト開設 社会

市民と祝賀盛り上げへ

3月13日号

ベルマーレと共同開発

濱田精麦

ベルマーレと共同開発 経済

パックごはんで応援

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク