伊勢原版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

伊勢原市 1人1台タブレット導入 児童生徒に今年度内整備

教育

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena
大山小での端末を使った授業のようす(市教委提供写真)
大山小での端末を使った授業のようす(市教委提供写真)

 伊勢原市は、国のGIGAスクール構想を受け、小・中学校の児童生徒に1人1台のタブレット端末を今年度中に導入する。市議会9月定例会に補正予算を提案し、可決成立した。同時に学校のネットワーク環境も一体的に整備していく。

 GIGAスクール構想とは、新たな時代の情報活用能力の育成やICTを活用した学習活動の充実をめざすもの。

 各自治体の判断で整備が進められていて、伊勢原市では当初23年度までに市内小・中学校の児童生徒1人に1台、タブレット端末を整備する予定だった。しかし、新年度になり国が新型コロナウイルス対策の財政措置を講じたことで市教委は、「児童生徒が使用できる時期が早まるなら」と計画を前倒しした。

 2020年5月現在、市内10小学校と4中学校の児童生徒は約7170人。総事業費は約5億600万円。そのうち端末購入費は約4億7500万円で、3分の2が国の補助金で賄われ、残りは市が負担する。市教育委員会によれば、すでに対象機種を選定し、入札を行っており、今年度内に一斉に整備する方向で進めているという。

学習の幅の広がりに期待

 児童生徒に1人1台が貸与されることで、インターネットを用いた情報収集などの個別学習から、グループやクラス全体での発表や話し合いなどの協働学習、さらに将来的には一人ひとりの学習の習熟度に応じた学習が可能になる。

 市教委の担当者は「教科書、ノートと一緒にタブレット端末が教材の一つとして使えるようになれば。タブレットが導入されることで、学習の幅が広がることに期待する」と話す。一方で、「瞬時に調べられるというコンピュータの良さはあるが、調べ学習には自らの手で辞書を引くことも大事。それぞれの良さを学習に生かせれば」と話す。

 端末の導入とともに、インターネット環境の整備や設計を行うGIGAスクールサポーターを新たに配置。研修などを通じて教員に使用方法などを指導する。導入後は授業での使用方法などをサポートする「ICT支援員」を4校に1人の割合で配置。オンライン授業にも対応できるようにするため、家庭学習での利用ができるよう環境の整備も計画している。

 現在市内小・中学校には約240台のタブレット端末を配置。大山小学校では、授業で1人1台端末が使用できるが、それ以外の小中学校では、数人のグループで1台という状況になっている。

45周年創業祭全品30%OFF

10月2日~11月1日 1000円ごとにひける大抽選会も開催

http://konan-cl.com/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

山田・オトペアが制覇

産業能率大学女子ビーチバレー部

山田・オトペアが制覇 スポーツ

大学男女選手権大会で

10月2日号

購入申込み始まる

プレミアム商品券

購入申込み始まる 経済

過去最高の割増し率30%

10月2日号

高山氏が3選

伊勢原市長選

高山氏が3選 政治

投票率は36.50%

9月25日号

大山詣りを体験

大山詣りを体験 文化

芸団協がテストツアー

9月25日号

動画でごみ減量PR

環境衛生組合

動画でごみ減量PR 社会

ユーチューブで公開

9月18日号

2部制で実施へ

2021年成人式

2部制で実施へ 社会

オンラインで式典配信も

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

力作60点を展示

のびのび描こう会

力作60点を展示

10月9日〜中央公民館

10月9日~10月11日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月2日号

お問い合わせ

外部リンク