伊勢原版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

活動報告 ワクチン無料を提案 立憲民主党 衆議院議員 後藤祐一

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena

 9月2日の衆議院予算委員会で、コロナワクチンができたら、希望する全国民の無料接種を提案。9月8日にはコロナワクチン確保のために約6700億円(国民一人当たり約5600円)の予備費からの支出が閣議決定され、無料接種の可能性が高くなったと思われます。

 また、濃厚接触者以外でも、重篤化の可能性が高い高齢者と基礎疾患のある患者で希望する方は、無料でPCR等の検査を受けられるよう提案。実現の方向です。

 コロナ不況対策としては、収束するまで消費税をゼロとするとともに、収入減で経営が厳しい会社に対しては持続化給付金(200万円、個人事業主は100万円)を再度給付することを提案しました。財源は償還期間100年のコロナ国債を発行すべきと考えます。

新「立憲民主党」に参画

 立憲民主党と国民民主党がともに解党し、9月15日に新「立憲民主党」が結党され、私も結党メンバーとして参画いたしました。反対ばかりではない「提案型の野党第一党」として、野党が結集して菅政権に対峙してまいります。

 

■ごとう祐一事務所

【電話】046・296・2411

後藤祐一事務所

厚木市栄町2-4-28-212

TEL:046-296-2411

http://www.jitsugen.jp/

伊勢原版の意見広告・議会報告最新6

ワクチン無料を提案

活動報告

ワクチン無料を提案

立憲民主党 衆議院議員 後藤祐一

9月18日号

新政あつぎ

新政あつぎ

8月14日号

県警戒アラート発動

議会報告308号

県警戒アラート発動

コロナ対策特別委員 さとう 知一

8月14日号

水害防災対策にも全力

県政報告Vol.41

水害防災対策にも全力

神奈川県議会議員 渡辺のりゆき

7月10日号

コロナ後を見据えた県政の役割

県政報告Vol.40

コロナ後を見据えた県政の役割

神奈川県議会議員 渡辺のりゆき

5月29日号

市政の第一義は「市民の命・暮らし」を守り抜くことです

議会報告第41号

市政の第一義は「市民の命・暮らし」を守り抜くことです

伊勢原市議会議員 相馬欣行

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク