伊勢原版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

東海大学周辺 未来へ向けた新構想始動 産官学連携でプロジェクト

社会

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena
あいさつする山田学長
あいさつする山田学長

 東海大学と湘南キャンパス周辺3市3町(伊勢原市・秦野市・平塚市・中井町・二宮町・大磯町)、民間企業が連携して、地域の再活性化をめざす構想がこのほど始動し、統括する一般社団法人の臨時総会が11月5日、同キャンパス内で開かれた。

 構想名は「Kanagawa Wellness Corridor〜Center of ME―BYO」で、広範囲な視点で見た健康感を意味する「ウエルネス」をテーマに、自然とテクノロジーが融合したさまざまな回廊(Corridor)を開発するプロジェクトを大学周辺エリアで計画。行政単位の活性化ではなく、地域の相互補完によってエリア全体が持つ豊かな資源を活用させるねらいがある。

 具体的には、リモートワーク環境の充実や高齢者の生涯学習プログラムの開発、子育てや農業支援などに取り組む予定。誰もが心身ともに健やかに暮らし、豊かな社会関係を築くことができる地域づくりをめざす。

 この日の臨時総会には、一般社団法人に正会員として申し込んだ大学と民間企業が出席し、定款や会則の承認、理事の選出と承認が行われた。続いて臨時理事会が開かれ、会長に東海大学の山田清志学長が選出された。山田学長は本紙の取材に「大学を中心として地域の発展に寄与するプログラムを行い、日本初の試みを成功させたいという大きな目標がある。本構想は県西地域で東海大学を堅持していきたいという意思の表れでもある」と話した。

 プロジェクトの中には、大山観光再生からウエルネスツーリズムを創生する構想も入っている。高山松太郎市長は「東海大学の新たな挑戦にエールを送ります。ウエルネスツーリズムは本市の重要施策である健康づくりや観光振興につながるものであり、今後の成果を期待しています」とコメントした。

伊勢原から始めるクールチョイス

エコドライブ、エコ・クッキングの動画を公開中!

https://www.city.isehara.kanagawa.jp/docs/2017042700094/

<PR>

伊勢原版のローカルニュース最新6

スポーツで市制50周年を盛り上げよう

スポーツで市制50周年を盛り上げよう 社会

伊勢原市体育協会会長 田中昇

1月15日号

優秀作品を表彰

景観写真展

優秀作品を表彰 文化

市長賞など決まる

1月15日号

Zoomでおしゃべり

Zoomでおしゃべり 社会

子育ての悩み相談など

1月15日号

エコ料理を動画で公開

エコ料理を動画で公開 社会

2月15日まで

1月15日号

子どもたちの成長が喜び

子どもたちの成長が喜び 教育

伊勢原市私立幼稚園協会会長 庄司暢道(のぶみち)

1月15日号

子どもの最善の利益を求めて

子どもの最善の利益を求めて 教育

神奈川県私立幼稚園連合会 会長 小澤俊通

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク