伊勢原版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

伊勢原大山IC周辺 新たな産業拠点創出へ 土地区画整理組合が総会

政治

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena
伊勢原大山IC周辺の位置図(市提供資料をもとに作図)
伊勢原大山IC周辺の位置図(市提供資料をもとに作図)

 新東名・伊勢原大山インターチェンジ(IC)周辺地区の、新たな産業系の土地活用に向けた土地区画整理事業について、地権者で組織する組合の第1回総会が2月6日、市民文化会館小ホールで開かれた。今後は事業の運営にあたる業務代行者との契約を経て、2027年度の完了をめざして事業を展開していくという。

 伊勢原大山IC周辺地区は、伊勢原市都市マスタープランで、「産業拠点として位置づけ、広域交通ネットワークを生かした新たな産業基盤を創出する」とされている。

 土地区画整理事業は、新たな産業用地の創出が目的。2016年4月に、地権者らによる準備委員会が設立され、これまでに40回を超える役員会や、年に1〜2回のペースで勉強会を行い検討を重ねてきた。この間、市は事務局を務めて支援をしてきた。

約28・2haが市街化区域編入

 今年1月8日には、同IC周辺区域約28・2ヘクタールについて、神奈川県が都市計画決定(変更)。市街化調整区域から市街化区域に編入された。用途地域は暫定的に工業専用地域に指定され、同日付けで、組合設立の認可も下りた。

 土地区画整理事業は、市街化区域に編入された約28・2ヘクタールのうち、19年7月に開通した県道603号と、新設される予定の国道246号バイパス(厚木秦野道路)を除いた約23・2ヘクタール。市新産業拠点整備課によると、事業は組合施行で、総事業費は約80億円。このうち市が補助金として約12億円を支出する。事業計画は、2027年度までの7年間を予定している。

 2月6日の土地区画整理組合第1回総会は、非公開で行われた。同課によると地権者113人のうち、39人が来場し、書面議決で51人が参加したという。この日は役員の選任や、業務代行者の決定などの議案6件が上程され、すべて可決されたという。

 また、総会後の理事会では、理事長と副理事長が選出され、役員の互選で山田信昭さん(78)が理事長に就任した。山田理事長は本紙の取材に「関係権利者をはじめ、業務代行者や市など関係機関のご協力をいただきながら、事業を進めていきたい」と話した。

 同課の担当者は「市としても、組合事業の円滑な推進を図るため、関係機関との協議や企業誘致などを通じて、組合に対して最大限支援していきたい」と語った。
 

樹木葬霊園 愛甲石田 

4月17日(土)18日(日)に現地見学会開催!ペットと一緒もOK!

https://www.fujimishikiten.co.jp/publics/index/31/detail=1/b_id=53/r_id=212/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

ワクチン接種券 16日発送

伊勢原市

ワクチン接種券 16日発送 社会

65歳以上の対象分

4月16日号

センバツ優勝に貢献

東海大相模小島大河選手

センバツ優勝に貢献 スポーツ

高部屋少年野球部の出身

4月16日号

大谷信次さんが受賞

社会教育功労者表彰

大谷信次さんが受賞 社会

青少年教育活動が評価

4月9日号

イセハライクが最優秀賞

かながわ観光動画コンテスト

イセハライクが最優秀賞 経済

「信仰の山、大山」紹介

4月9日号

190人が人事異動

伊勢原市

190人が人事異動 政治

部長職に4人就任

4月2日号

小規模事業者に10万円

伊勢原市

小規模事業者に10万円 経済

コロナ対策で臨時給付金

4月2日号

樹木葬霊園 愛甲石田 

4月17日(土)18日(日)に現地見学会開催!ペットと一緒もOK!

https://www.fujimishikiten.co.jp/publics/index/31/detail=1/b_id=53/r_id=212/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter