伊勢原版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

正しい知識と万全な準備で 伊勢原警察署 北條警部補に聞く 

社会

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena

 7月に入り2件、今年1月から15件発生している大山の山岳事故。特に中高年の事故が多発していることから、伊勢原警察署では、安全な登山のための注意喚起を行っている。どんなことに気をつければ良いか――。大山駐在所に勤務し、山岳救助隊のリーダーも務める北條保徳警部補(47)に話を聞いた。

 2016年に日本遺産に認定され、新東名の伊勢原大山インターチェンジが開通したことなど、「手軽に行ける山」として人気が上昇した大山。北條警部補によれば、年々登山客も増加し、山での事故も増加しているという。

登山者カードの提出を

 事故に遭った人は登山経験が浅い人や未経験者が多いことから、伊勢原署では注意を呼びかけている。「事前に下調べして装備の準備やご自身の体力などを考えて登山の計画をしてほしい。登山計画書(登山者カード)も必ず提出してほしい」と訴える。

 救助した人はほとんどがカードの存在を知らず、装備も体力も不十分で、山の知識がない人が多いという。「カードは、万が一事故に遭った時の捜索に必要」と北條警部補。年間100件ほどの提出がある登山者カード。ただし、その数は全体の登山者の1割ほどにとどまるという。

最低限必要な装備は

 「ヘッドライト、雨具、地図、携帯電話は必ず装備してほしい。ライトは日帰りでも足を挫いて下山が夜になってしまうこともあるためで、雨具は体が濡れると低体温になるから。地図は現在どの辺りにいるかがわかる。携帯の地図アプリもあるが、山は電波が届かない可能性があるため、紙の地図がいい」と話す。「高尾山と同じ感覚で大山に登ろうとする人が多いが、全く別物。正しい知識があれば今年起きた事故は3割防げた。大山は歴史に触れながら登れ、相模湾を一望できるなど景色も素晴らしい山。安全に楽しく登るためにも事前に十分な準備をしてお越しください」と呼びかけている。
 

伊勢原版のローカルニュース最新6

伊勢原大神宮で例大祭

伊勢原大神宮で例大祭 文化

9月19日・20日の2日間

9月17日号

一般質問に15人登壇へ

市議会

一般質問に15人登壇へ 政治

9月28日、29日、10月1日

9月17日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 社会

市民文化会館で演奏会

9月17日号

ボウリングのために健康維持

ボウリングのために健康維持 社会

板戸在住 植松三郎さん

9月17日号

「歌が健康に欠かせない」

「歌が健康に欠かせない」 社会

マイスタージンガー 小宮秀昭さん

9月17日号

日向地区の彼岸花

日向地区の彼岸花 経済

3連休が見頃

9月17日号

MADOショップ平塚真土店

台風シーズンに貼れば安心「飛散防止フィルム」

http://kobayashikenso.co.jp

伊勢原市私立幼稚園協会 

22年度園児募集 子どもが初めて出会う”学校”めぐり

http://kids-isehara.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook