伊勢原版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

葉ニンニクを市特産品へ JA湘南野菜部会が栽培

社会

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena
葉ニンニクの生育を確認する酒井さん
葉ニンニクの生育を確認する酒井さん

 伊勢原市内で、葉ニンニクの出荷が最盛期を迎えている。

 葉ニンニクは、鹿やイノシシなどの鳥獣被害を受けにくいことや、軽量で収穫や出荷の際の労力軽減になることから、JA湘南の野菜部会8戸が特産化をめざして2019年から生産を開始。JA担当者が栽培講習や土壌診断などのアドバイスを行うなど、技術向上を図ってきた。

 JAの担当者によれば、今シーズンは2月中旬までJA直売所の、あふり〜な伊勢原店と同比々多店や、県内の市場へ約800kgを出荷する見込みで、出荷量は昨シーズンの約2倍を計画しているという。

 市内池端の露地・ハウス合わせて約2アールで葉ニンニクを育てている酒井孝直さん(50)は、季節ごとに旬の野菜を育てていて、2019年から冬場に葉ニンニクの栽培を始めたという。酒井さんは、「虫が付きにくく、比較的育てやすい。ニンニクほど臭みが強くなく、ニラやネギをイメージしてもらえばわかりやすい。寒い日に鍋やスープに入れて食べるのがお勧め」と話す。

伊勢原版のローカルニュース最新6

記念事業 全組合員で

第50回通常総会 伊勢原工業団地協同組合

記念事業 全組合員で 経済

5月27日号

いちごのキッチンメンバーを募集中

マージャンサークル

いちごのキッチンメンバーを募集中 文化

5月27日号

6月定例会始まる

市議会

6月定例会始まる 政治

5月31日から22日間

5月27日号

伊勢原で国際交流を

ワールドキャンパスいせはら

伊勢原で国際交流を 社会

ホストファミリーを募集

5月27日号

日向薬師で定期放水点検

日向薬師で定期放水点検 社会

不審火受け防災施設を整備

5月27日号

口腔がんとコロナの共通点

太田嘉英教授が口腔ケア講演会 秦野伊勢原歯科医師会

口腔がんとコロナの共通点 社会

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook