愛川・清川版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

大貫盛雄代表理事組合長インタビュー 新春企画 「地域に愛されるJAあつぎに」 地域の農業やくらしの課題解決に向け、役職員一丸

大貫盛雄代表理事組合長を中心に常勤役員(前列)と各支所店長。支所店力を強化し、組合員・利用者の満足度向上をめざす
大貫盛雄代表理事組合長を中心に常勤役員(前列)と各支所店長。支所店力を強化し、組合員・利用者の満足度向上をめざす
 厚木市農業協同組合(JAあつぎ)は、厚木市と清川村をエリアとして、組合理念「夢ある未来へ 人とともに、街とともに、大地とともに…」のもと、地域に信頼され愛されるJAをめざして、組合員と地域住民に対してさまざまな事業を展開している。今回は大貫盛雄代表理事組合長に、新春インタビューとして話をうかがった。

 政府が進める農協改革や日銀のマイナス金利政策で、農業・JAを取り巻く環境が厳しさを増す中、JAあつぎでは組合員と地域住民に必要とされるJAであり続けるため、組合員と地域の皆さまの声に耳を傾け意見を踏まえた「自己改革プラン」を策定。昨年は同プランを反映した新たな3か年プランをスタートさせた年でもあった。

 地域の農業やくらしの課題の解決に向け、役職員が直接出向いて話を聴く「対話運動」を実施。常勤役員や地区役員、支所店長らが総代506人の家を一軒一軒訪ねた。「具体的な意見がうかがえて、成果は十分にあったと思います」

支所店力をさらに強化

 JAあつぎでは「農業を軸とする地域に根ざした協同組合」として、支所店を中心とした魅力ある事業活動を展開。”支所店力”の強化は、組合員をはじめとする利用者の満足度の向上をめざすためのもの。地域の組合員のリーダー的役割を担う「地区運営委員会」などを中心に、”農”や”食”につながる地域の特徴を活かした活動で、地域とJAとのつながりを深めてきた。

 大貫組合長は「これまでJAあつぎにご来店いただいたことのない方も、ぜひお近くのJA支所店にお気軽に足をお運びいただき、一人でも多くの皆さんに事業や活動を知ってほしい」と話す。

 生産された新鮮で安全・安心な農畜産物は、地産地消の拠点であるファーマーズマーケット「夢未市」から消費者へ届けられる。夢未市は昨年12月に8周年を迎えた。地域住民の食卓を支えるとともに、生産農家の生きがいの場など、多面的な役割を担っている。

 また、昨年11月には地域貢献として高齢者世帯の買い物支援を目的に、移動販売車「ゆめみちゃん号」の運行をスタート。この事業は地産地消の推進や、新たな販路確保などのねらいもある。週4日、管内を巡回している。「すべてのご要望にお応えできていないのは心苦しいですが、この事業を伸ばしていき、地域貢献や販路を拡大していきたいと思っています。地域の皆さまに安全・安心なものを提供することがJAの使命であり、存在を明確に伝えることだと考えています」

 JAあつぎは今年、55周年の節目の年。「組合員・地域の皆さまとの対話をこれまで以上に大切にし、地域農業の課題解決、農業者の支援、”農”と”食”について理解を深めていただくことに力を注ぎ、信頼され、必要とされるJAをめざします」

移動販売車「ゆめみちゃん号」
移動販売車「ゆめみちゃん号」

厚木市農業協同組合(JAあつぎ)

厚木市水引2-9-2

TEL:046-221-1666

http://www.jakanagawa.gr.jp/atsugi/index.html

愛川・清川版のピックアップ(PR)最新6件

手芸用品20%OFF

1月28日(日)までの新春感謝セール

手芸用品20%OFF

1月12日号

追加費用なしの安心感が好評

愛川町民限定のプランを用意

追加費用なしの安心感が好評

12月15日号

高級品ほどお得

寝具のイノクマ

高級品ほどお得

12月15日号

宮ケ瀬でロボット体験

相続を「争族」にしないために

現役実務担当者がお伝えする相続セミナー

相続を「争族」にしないために

12月1日号

自然を楽しみ尽くす

津久井湖城山公園

自然を楽しみ尽くす

11月17日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク