小田原版 掲載号:2012年12月1日号

(PR)

漁港グルメのテーマパーク

小田原早川漁村

魚市場の目の前に新名所誕生

 新鮮な魚介類が豊富に獲れ、「湘南の台所」とも呼ばれる小田原早川漁港。その港に小田原が誇る海の幸を存分に堪能できる漁港グルメのテーマパークが誕生した。その名も『小田原早川漁村』。町屋情緒あふれる店内には浜焼きバーベキューや地魚の海鮮丼など、港の味にこだわった5つの店が入村している。11月下旬に開店したばかりの新名所をさっそく取材した。

目の前の市場から仕入れた新鮮魚介が食べ放題

 「漁師の浜焼あぶりや」は、市場直結の鮮度が自慢。白ハマグリや大アサリ、帆立など目の前の水槽から好きな具材を好きなだけ取り出し、お好みで焼き上げて。80分食べ放題・ソフトドリンク飲み放題で2500円という驚きの価格も魅力。サービスメニューの「牡蠣(かき)のガンガン焼き」はぜひご賞味を。殻つきの牡蠣を缶に入れ、日本酒で豪快に蒸し焼きにした、同店自慢の看板メニューだ。大人数の宴会にも対応。この冬は港で忘年会を。

手軽に食べられる旨いもの屋台

 「手軽にうまいもの」をコンセプトにした同店では、小田原のソウルフードが味わえる。元祖小田原かまぼこ「鱗吉(うろこき)」がプロデュースしたメニューを販売。「揚げたてさつま揚げ」や「カマカツバーガー」など、小田原らしさあふれるメニューがずらり。魚介の旨味たっぷり「マグロ海鮮しおラーメン」(600円)も隠れた人気メニューだ。

新鮮!獲れたて!地魚てんこ盛り

 海鮮丼屋「小田原 海舟早川漁港店」。港に来たならやっぱり食べたい地魚。目利きの達人である魚屋さん直営の同店の自慢は、朝獲れたての地魚をぜいたくに盛った丼。新しい「小田原どん」をはじめ30種以上の丼は目移りしてしまう。

山安の干物、鱗吉のかまぼこ

 江戸時代から干物一筋の名店「山安(やまやす)」の極上の干物や、元祖小田原かまぼこの老舗「鱗吉(うろこき)」のかまぼこなど小田原が誇る美味が一堂に。大満足のおだわら土産の決定版。

和スイーツでほっと一息

 湘南茶屋「ばんがさ」で海風を感じながらテラスでいただくコーヒーは格別。老舗の「和スイーツ」や女性に人気の北海道ハスカップを使ったロールケーキなどを楽しむことができる。町屋風情あふれる店内にいる、かわいい看板娘もお見逃しなく。
 

小田原早川漁村

小田原市早川1-9-6

TEL:0465-24-7800

http://www.gyoson.com/

医療から介護まで

看護師・介護士(常勤・非常勤) 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

小田原版のピックアップ(PR)最新6件

ワンコイン塾、始まります

年利を上乗せ

スルガ銀行 夏の定期預金キャンペーン

年利を上乗せ

6月25日号

ワクワクするスキップフロアの家

土地売却と賢い相続対策セミナー

敷地の一部売却 相続増税 空家の心配 など

土地売却と賢い相続対策セミナー

6月4日号

髪を傷めず頭皮にやさしい白髪染め

聖マリアンナ医大が開発 リピーター急増!26万本突破

髪を傷めず頭皮にやさしい白髪染め

6月4日号

豊かな自然に囲まれて

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク