切除後に始まる戦い がん体験者が講演

社会

掲載号:2018年6月30日号

  • LINE
  • hatena
がん体験を語った久光選手
がん体験を語った久光選手

 (株)古川が6月19日、2人のがん体験者を講師に招き、がん検診啓発講演会を開催した。

 2度の再発体験を語ったアフラック生命保険(株)の吉田一城さんは、「手術で切除したらおしまいではなく、そこから戦いが始まる。5年、10年と不安をひきずらなければいけない」とがんの怖さを語った。また、「自分がいない方が良いのでは」と闘病中にネガティブ思考になりがちだったとし、「家族など理解者の存在は心強い」と話した。

 湘南ベルマーレフットサルクラブの久光重貴選手は2013年5月、クラブのメディカルチェックによりがんが発覚。「この食事が最後かな」と死を覚悟したこともあったが、周囲の支えを受けて前向きになり、今は小児がん患者を励ます活動にも取り組む。また、「がんのイメージが変わるのならやらないと」と、抗がん剤治療を受けながらFリーガーとしてプレーを続ける思いを語った。

 (株)古川ではがん予防対策に積極的に取り組んでおり、社員や家族の検診費用も会社が全額負担している。古川剛士社長は、「家族の健康があってこそ社員も仕事に打ち込める」とその意義を話した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

スポーツ功労者に栄誉

小田原市体協

スポーツ功労者に栄誉 スポーツ

14人3団体を表彰

1月23日号

春を迎える準備、着々と

春を迎える準備、着々と 文化

箱根湿生花園で火入れ

1月23日号

2月7日まで臨時休館

生命の星・地球博物館

2月7日まで臨時休館 教育

HPでは展示紹介も

1月23日号

「感染症対策に役立てて」

ヒルトン小田原

「感染症対策に役立てて」 社会

市内教育機関に機器寄贈

1月23日号

新年会

新年会 社会

1月23日号

ロウバイとコウバイ競演

ご近所情報!南足柄市編

ロウバイとコウバイ競演 社会

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク