改正健康増進法 全面施行 各店対応進む 「原則屋内禁煙」現場の声

社会

掲載号:2020年5月9日号

  • LINE
  • hatena
養老乃瀧 鴨宮店の店内。右側が新設された喫煙専用室
養老乃瀧 鴨宮店の店内。右側が新設された喫煙専用室

 飲食店などに受動喫煙対策を義務付ける改正健康増進法の全面施行(4月1日付)から、およそ1カ月が経過した。

 望まない受動喫煙を防止することを目的とした同改正法。飲食店や事務所、多数の利用者がいる施設などが原則屋内禁煙となったが、飲食店では所定の要件に適合すれば喫煙専用室などを店舗に設置することができる(喫煙室内での飲食の提供は不可)。改正法を受け、小田原市内の飲食店も対応に追われた。

 市内酒匂の居酒屋「養老乃瀧 鴨宮店」では、全面施行を前に今年2月、店内を改装して入口そばに喫煙専用室を新設した。同時に3〜4人まで入室でき、灰皿のほかエアコンも設置。同店の池田信也代表は「2〜3月は、食卓でたばこを楽しみたい常連客の来店が減ってしまった」と肩を落とす。ただ「『受動喫煙を心配せず、安心して食事ができる』と、特に週末に親子連れが多く来店するようになり、新規客が増えたのが嬉しい」と話していた。4月24日現在、同店は5月6日までの臨時休業を予定(期間は変更の場合あり)。

 一方、他店からは「長年、店内喫煙可で営業してきたが、食事客から受動喫煙について苦情が来たことは一度もない。なぜ対策をしなければならないのか」「屋内禁煙より、新型コロナウイルスの影響による来店者減の方が深刻な課題」と嘆く声も聞かれた。

 厚生労働省、神奈川県はウェブサイトを通じて改正法の周知や受動喫煙防止を呼び掛けている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

檜舞台でヴェール舞う

南鴨宮 尾崎美穂さん

檜舞台でヴェール舞う 文化

狂言師千三郎さんが協力

5月15日号

地元産材トンボ 球児に

報徳の森プロジェクト

地元産材トンボ 球児に スポーツ

スポーツ広場で使用

5月15日号

クールにゆたぽんPR

クールにゆたぽんPR 文化

湯河原町

5月15日号

70周年記念しゴール設置

小田原バスケ協会

70周年記念しゴール設置 スポーツ

上府中公園で新たに1基

5月15日号

Odawara city officials and doctors conducted the first simulation of mass vaccination

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Odawara city officials and doctors conducted the first simulation of mass vaccination 社会

5月15日号

To mourn a futsal player, Shigetaka Hisamitsu

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

To mourn a futsal player, Shigetaka Hisamitsu 文化

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

透明水彩で描く風景画

「楽の会」主宰・鈴木文隆さん

透明水彩で描く風景画

5月19日からNEW新九郎で個展

5月19日~5月24日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter