開所に向けクラファン実施 障害者の自立支援施設

コミュニティ文化

掲載号:2020年12月26日号

  • LINE
  • hatena

 認定NPO法人アール・ド・ヴィーヴル(萩原美由紀理事長)では現在、小田原市久野に重度障害がある人の生活介護通所施設と就労継続支援B型事業所の建設を進めている。完成は来年3月、開所は4月を予定。

 同法人は障害がある人たちが表現活動を通して社会とつながり、自立することを支援している。新施設の立ち上げにあたり、クラウドファンディングを実施中。目標は300万円で、寄付は併設するギャラリーカフェとアトリエ施設内で使用する備品、機材や画材、展覧会を開くために使用する。萩原理事長は「誰一人として取り残されないコミュニティづくりと新しい暮らし方の提案を小田原から挑戦していきたい」と話している。

 クラウドファンディングは【URL】https://a-port.asahi.com/projects/artdevivre-odawara/(上記コードからアクセス可)、施設利用の問い合わせは同法人【電話】0465・25・4534へ。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

檜舞台でヴェール舞う

南鴨宮 尾崎美穂さん

檜舞台でヴェール舞う 文化

狂言師千三郎さんが協力

5月15日号

地元産材トンボ 球児に

報徳の森プロジェクト

地元産材トンボ 球児に スポーツ

スポーツ広場で使用

5月15日号

クールにゆたぽんPR

クールにゆたぽんPR 文化

湯河原町

5月15日号

70周年記念しゴール設置

小田原バスケ協会

70周年記念しゴール設置 スポーツ

上府中公園で新たに1基

5月15日号

Odawara city officials and doctors conducted the first simulation of mass vaccination

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Odawara city officials and doctors conducted the first simulation of mass vaccination 社会

5月15日号

To mourn a futsal player, Shigetaka Hisamitsu

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

To mourn a futsal player, Shigetaka Hisamitsu 文化

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

透明水彩で描く風景画

「楽の会」主宰・鈴木文隆さん

透明水彩で描く風景画

5月19日からNEW新九郎で個展

5月19日~5月24日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter