港南区版 掲載号:2013年4月25日号

新人議員による市政報告㉑

市民の生活を守るために要望

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 公明党横浜市会議員団は2013年度の予算特別委員会で市民の生活を守るために様々な要望をしました。

 第一に地震対策。死者を出さないために防災戦略の推進を要望しました。死者の発生原因の大半は建物倒壊と火災であるため、感震ブレーカーの設置やミニ消防車の増強、消防活動の際に利用する水利施設の拡充などが予算に盛り込まれました。また、被災時に行政サービスを円滑・迅速に行うため、「被災者支援システム」も構築していく予定です。

 続いて子育て支援です。未就学児の保育サービスと保護者のニーズを結び付けようと、公明党は「保育コンシェルジュ」を推進し、現在は各区に専門員が配置されています。取り組みを更に充実させるべきと要望した結果、今後はより積極的な情報提供が行われるようになります。

 高齢者の命も守ります。高齢者の死因となる肺炎を防ごうと、肺炎球菌ワクチンの接種を積極的に進めるべきと主張しています。市は予防接種事業について「ワクチンで防ぐことができる病気はワクチンで予防する」という考えのもと、積極的に推進していくと前向きな答弁を引き出しました。

緊急風しん対策

 横浜市内で風しんが流行しています。今年3月末までの累計報告者数は159人で、すでに昨年1年間の113人を上回り、今後も拡大の恐れがあります。

 風しんは免疫を持たない女性が妊娠中(特に初期)に感染すると、胎児が白内障や先天性心疾患、難聴となる可能性があります。そこで市は、風しんの拡大を防ぎ、また、胎児の安全を守る緊急対策として予防接種費用を一部助成します。

 対象者は麻しん風しん混合(MR)ワクチン・風しん単独ワクチンの接種歴がない19歳以上の横浜市民で、【1】妊娠を予定している女性、【2】妊娠している女性の夫(父親)です。協力医療機関約650カ所で9月30日まで受付。自己負担額は3000円。詳細は市ワクチン相談窓口まで。【電話】045・671・4183

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

<PR>

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク