港南区・栄区版

トップニュースの記事一覧

  • 診断までの時間長く

    認知症

    診断までの時間長く 社会

    初診から1カ月以上14%

     早期発見、早期治療が重要とされる認知症だが、市内の病院と診療所で初診から診断まで1カ月以上かかる事例が約14%あることが市の調査で明らかになった。2025年に...(続きを読む)

  • 後利用に民間アイデア

    本郷地区センター

    後利用に民間アイデア 社会

    栄区役所が対話型市場調査

     栄区役所はこのほど、移転計画がある本郷地区センターの空き施設の活用法について、民間事業者との対話を通じてノウハウやアイデアを探る市場調査を実施すると発表した。...(続きを読む)

  • 心肺停止の人命救助でお手柄

    心肺停止の人命救助でお手柄 社会

    永野地区の住民ら

     心肺停止した男子中学生の人命救助に貢献したとして港南区役所(齊藤貴子区長)と港南消防署(秋元雅彦署長)は1月26日、港南消防団第5分団(平井敏夫分団長)と地域...(続きを読む)

  • 国際的イベントに重点

    横浜市予算案

    国際的イベントに重点 社会

    2%増 5年連続プラスへ

     横浜市は1月25日、2019年度の予算案を発表した。一般会計の予算規模は前年度比2%増の1兆7615億円で5年連続となる増加。ラグビーW杯やアフリカ開発会議な...(続きを読む)

  • 慢性的な相談員不足

    横浜いのちの電話

    慢性的な相談員不足 社会

    費用・時間がハードルに

     病気や対人関係に悩む人らの自殺を防ぐため電話相談を無料で行う社会福祉法人「横浜いのちの電話」(【電話】045・335・4343)。ボランティア相談員が対応にあ...(続きを読む)

  • 4年連続で全国の舞台へ

    日野タグラグビー

    4年連続で全国の舞台へ スポーツ

    決戦は2月16日・17日

     港南区の日野小学校の児童たちが参加するタグラグビーチーム「暁」(あかつき)が21日、山梨県で行われた南関東大会で優勝を果たし、全国大会「サントリーカップ」への...(続きを読む)

  • 乳児用液体ミルク解禁へ

    乳児用液体ミルク解禁へ 社会

    鶴見区の主婦、国動かす

     欧米では流通している乳児用液体ミルクの日本での販売が今年春に始まる。鶴見区の一人の主婦が有用性を訴える活動を続けたことで国やメーカーが動き、解禁につながった。...(続きを読む)

  • インフルエンザ猛威

    横浜市

    インフルエンザ猛威 社会

    流行警報発令

     早めの受診で重症化を予防しよう――。インフルエンザの患者数の増加を受け、横浜市は17日、インフルエンザ流行警報を発令した。99・5%がA型でB型は0・5%とい...(続きを読む)

  • 小中学校に作品を寄贈

    栄区美術家協会

    小中学校に作品を寄贈 文化

    30周年記念事業の一環で

     地元の芸術家の作品に親しんで子どもたちの創造力の育成を――。栄区美術家協会が創立30周年の記念事業として、区内にある21の公立小・中学校、特別支援学...(続きを読む)

  • 独自のBD(ビッグデータ)活用を推進

    横浜市

    独自のBD(ビッグデータ)活用を推進 社会

    在宅医療などの実態を分析

     高齢化が進み医療需要の増加が見込まれる中、横浜市は独自に保有する医療ビッグデータ「YoMDB(ヨムディービー)」を活用した実態分析に本格的に取り組んでいる。ま...(続きを読む)

  • 医療機関マップ無料配布

    港南区

    医療機関マップ無料配布 社会

    各エリアを診療科目ごとに

     港南区役所はこのほど、区内の医療機関の情報をまとめた冊子『港南区医療機関マップ』を作成し、無料配布を始めた。同区役所では区民に活用を呼びかけている。...(続きを読む)

  • シニアと女性の活躍応援

    シニアと女性の活躍応援 政治

    黒岩知事インタビュー

     年頭にあたり、本紙では黒岩祐治知事に単独インタビューを行った。黒岩知事は人生100歳時代に向けた取り組みや女性の活躍などについて意欲的に語った。...(続きを読む)

  • 「取組の連携で相乗効果を」

    栄区長インタビュー

    「取組の連携で相乗効果を」 社会

    「魅力生かした施策」を強調

     2019年の年頭にあたり、本紙では栄区の小山内いづ美区長に新春恒例のインタビューを行った。栄区らしいまちづくりや施策はどう進んだのか。安心安全の取組やコミュニ...(続きを読む)

  • 「ふだんのくらしを幸せに」

    港南区長インタビュー

    「ふだんのくらしを幸せに」 社会

    区制50周年「協働」進む

     2019年の幕開けに本紙では港南区の齊藤貴子区長にインタビューを行った。区制50周年となる今年は様々な取組が控えている。港南区がこれまで進めてきた「...(続きを読む)

  • 「希望に満ちた横浜に」

    「希望に満ちた横浜に」 政治

    林市長、新年の抱負語る

     年頭にあたり、本紙では林文子市長に恒例の新春インタビューを行った。市長就任10年目を迎える林市長は「さまざまな施策が花開いている」と昨年までの成果を示すととも...(続きを読む)

  • 「1つでも多く、本拠地勝利を」

    横浜DeNAベイスターズ

    「1つでも多く、本拠地勝利を」 スポーツ

    三原球団代表 新春インタビュー

     チーム創設70周年を迎える横浜DeNAベイスターズの2019年が幕を上げる。昨季は日本一への期待を受けながら、3年ぶりにクライマックスシリーズ(CS)進出をの...(続きを読む)

  • 優先改善は2100箇所

    通学路上のブロック塀

    優先改善は2100箇所

    市が調査結果を公表

     横浜市は7日、市内5500箇所で進めていた市立小学校の通学路上にあるブロック塀等の現場確認について、結果を公表した。全件のうち、現行の建築基準法の仕様に合致し...(続きを読む)

  • まちづくり賞「優秀賞」

    美晴台の道に愛称をつける会

    まちづくり賞「優秀賞」 社会

    「坂や道に独自の愛称」が評価

     住民のアイデアで通りや坂道に愛称をつけるユニークな取り組みが専門家から高い評価――。港南区上永谷の「美晴台の道に愛称をつける会」がこのほど、公益社団法人日本建...(続きを読む)

  • 犯罪被害者支援、条例化へ

    横浜市

    犯罪被害者支援、条例化へ 社会

    経済負担や精神的ケア実施

     横浜市は現在会期中の市会定例会に「犯罪被害者等支援条例案」を提出した。被害者の支援について市・市民・事業者の責務を明らかにするのが目的。市の支援として経済的な...(続きを読む)

  • 都市マス改定素案を公表

    栄区

    都市マス改定素案を公表 社会

    まちづくり方針示す

     横浜市は3日、都市計画マスタープラン栄区プラン『栄区づくり方針』の改定素案を発表した。前回の策定から14年経過し、社会状況や区民の意識変化に伴う対応が必要とな...(続きを読む)

  • 上大岡の古文書史料集を刊行

    神奈川大田上名誉教授ら

    上大岡の古文書史料集を刊行 文化

    江戸時代の「村生活」伝える

    北見家と山野井家 「江戸時代の上大岡村は旗本の荒川氏と倉橋氏の両氏が領主だった。そのため倉橋氏の名主だった『北見家』と荒川...(続きを読む)

  • 中国旅行社と誘客タッグ

    横浜市

    中国旅行社と誘客タッグ 経済

    観光推進へ協定

     横浜市はこのほど、旅行予約サイトなどを運営する中国の大手オンライン旅行社・シートリップと観光誘客などに関する連携協定を締結した。市内宿泊者数最多の中国人旅行者...(続きを読む)

  • シールで高齢者見守りへ

    横浜市

    シールで高齢者見守りへ 社会

    12月3日から事業開始

     横浜市は、行方不明になった認知症の高齢者らができるだけ早く自宅に戻れるように本人の身元を特定できる「見守りシール事業」を12月3日に開始する。条件を満たす認知...(続きを読む)

  • 中学校でテロ対策訓練

    栄区6機関

    中学校でテロ対策訓練 社会

    「自分の身の守り方、考えて」

     栄区の本郷中学校で22日、テロを想定した大規模な対応訓練が行われた。来年のラグビーW杯や2020年の東京五輪といった国際的なイベントを控え、関係6機関の連携強...(続きを読む)

  • 需要増加に伴い体制拡充

    市救急相談センター♯7119

    需要増加に伴い体制拡充 社会

    移転で応答強化へ

     急病やけがで困った時の電話相談窓口「横浜市救急相談センター♯7119」。導入3年弱で利用が増え続けていることを受け横浜市はこのほど、桜木町の救急医療センター内...(続きを読む)

  • 保護司会の拠点開設

    栄区

    保護司会の拠点開設 社会

    市内では3例目

     栄保護司会(吉野征会長)が運営し、活動の拠点となる「栄保護司会サポートセンター」が栄区柏陽の民間マンションの一室に開設された。15日に開所式が開かれ、区内の保...(続きを読む)

  • 開園40周年をお祝い

    瀬上市民の森

    開園40周年をお祝い 社会

    埋まる池問題も改めて提起

     栄区上郷町の「瀬上市民の森」の開園40周年を祝う式典が6日、JA横浜本郷東支店で開かれた。地権者や愛護会のメンバー、関係者らが参加し、節目を祝った。また、シン...(続きを読む)

  • 芋煮を囲んで世代交流

    栄区豊田地区

    芋煮を囲んで世代交流 社会

    独居高齢者を200人招待

     栄区の豊田地区で毎年秋に開かれている「豊田みのりの集い」は、独り暮らしの高齢者が外出するきっかけになればと、豊田地区社会福祉協議会(堀田賢一会長)が中心となり...(続きを読む)

  • 防犯サミット10周年

    港南区

    防犯サミット10周年 教育

    中学生が取組・アイデア発表

     中学生が防犯活動の取組やアイデアを報告する「港南区中学校防犯サミット結果発表会」が10月31日、南高校附属中学校で開かれた。港南区内で取組がスタートして今年で...(続きを読む)

  • 風疹、感染止まらず

    横浜市

    風疹、感染止まらず 社会

    患者数 昨年の10倍超

     関東を中心に感染が広がっている風疹。横浜市によると、市内の風疹患者は今年10月28日時点で94人を数え、昨年1年間の9人と比べ、既に10倍以上となっ...(続きを読む)

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

麦ふみを体験

麦ふみを体験

16日、観察の森

2月16日~2月16日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク