港南区・栄区版

トップニュースの記事一覧

  • 加入者数 目標の4割

    ハマの自転車保険

    加入者数 目標の4割 社会

    周知不足で浸透進まず

     (一財)横浜市交通安全協会が、市民向けに提供する「ハマの自転車保険」の加入者数が、募集開始から約2年で4千人ほどと伸び悩んでいる。同協会は「周知不足」とするが...(続きを読む)

  • 全国でも稀有な囲碁人気

    栄区

    全国でも稀有な囲碁人気 文化

    日本棋院が普及会に感謝状

     囲碁の世界で栄区が一目置かれる存在となっている――。囲碁の普及に貢献したとして日本棋院が先月24日、栄区囲碁普及会に感謝状を贈った。区内には囲碁に関連した組織...(続きを読む)

  • 1万4千戸「再生」へ

    市営住宅

    1万4千戸「再生」へ 社会

    老朽化受け、市が素案公表

     市営住宅が2030年から50年にかけて一斉に耐用年限を迎える問題で、横浜市が再生に関する基本的な考え方(素案)を12月までにまとめた。約1万4千戸を20年度以...(続きを読む)

  • 新免許試験場、5月開業へ

    新免許試験場、5月開業へ 社会

    機能集約し、利便性図る

     神奈川県の運転免許試験場(旭区)が、今年5月6日に新庁舎へ移転して「神奈川県警察運転免許センター」(仮称)として開業する。横浜市内に点在する関連施設の機能を集...(続きを読む)

  • いのち輝く社会  実現を

    黒岩知事インタビュー

    いのち輝く社会 実現を 政治

    神奈川モデルを世界に

     年頭にあたり、黒岩祐治神奈川県知事にインタビューを行った。知事は「いのち輝く」をキーワードに施策を展開し、人生100歳時代に向け「未病(ME-BYO...(続きを読む)

  • 移動情報センター開設

    港南区社協

    移動情報センター開設 社会

    障害児・者の外出支援へ

     移動に困難を抱える障害児・者の外出を支援する情報提供や相談の窓口となる「港南区移動情報センター」が、今月15日に港南区社会福祉協議会内に開設される。横浜市が各...(続きを読む)

  • 国際競争力強化を加速

    国際競争力強化を加速 政治

    林市長、新年の抱負語る

     新年の幕開けにあたり、本紙では林文子市長に恒例の新春インタビューを行った。昨年の市長選挙で3期目の当選を果たした林市長。国際的なビッグイベントの開催も控え、市...(続きを読む)

  • 「感動の質、追い求める」

    (株)横浜DeNAベイスターズ

    「感動の質、追い求める」 スポーツ

    岡村社長 新春インタビュー

     昨季19年ぶりの日本シリーズ出場を果たした横浜DeNAベイスターズ。日本一の夢は叶わなかったが、その活躍は夢を「目標」に変えるものだった。一昨年からは横浜スタ...(続きを読む)

  • 「見守り・支えあいの輪を」

    港南区長インタビュー

    「見守り・支えあいの輪を」 社会

    子育てや高齢者の支援語る

     2018年の年頭にあたり、本紙では港南区の齊藤貴子区長にインタビューを行った。防災・減災や区民の健康づくりから、子育て世帯や高齢者への支援まで、「ふるさと港南...(続きを読む)

  • 「魅力をさらに発見・発信」

    栄区長インタビュー

    「魅力をさらに発見・発信」 社会

    今年の重点取組を語る

     2018年の幕開けに本紙では栄区の小山内いづ美区長にインタビューを行った。今年の重点施策としてセーフコミュニティの再認証、健康寿命の延伸、都市計画マスタープラ...(続きを読む)

  • 救急出場、6万件増に

    消防局2030年予測

    救急出場、6万件増に

    市大との共同研究で判明

     横浜市消防局は先ごろ、横浜市の2030年救急出場件数が15年比で約6万件増(1・36倍)の年間24万件超にのぼるという予測を発表した。増加し続ける出場に対し同...(続きを読む)

  • 「ポリ袋レシピ」で防災広め

    「ポリ袋レシピ」で防災広め 社会

    港南区下永谷の市民グループ

     飲料水が確保できない災害時でもおいしく料理が食べられる――。港南区の下永谷地域ケアプラザを拠点に活動する「絆塾♥下永谷」が6年前から防...(続きを読む)

  • 「横浜らしさ」を重視

    新市庁舎商業施設

    「横浜らしさ」を重視 経済

    市が今議会に条例案

     横浜市新市庁舎に入る商業施設の基本方針や運営方式に関する条例案が、開催中の横浜市会に上程されている。「横浜らしさ」や「歳入確保」が基本方針に掲げられ、店舗誘致...(続きを読む)

  • 特殊詐欺の被害が倍増

    特殊詐欺の被害が倍増 社会

    「留守電の設定」で対策呼びかけ

     いわゆる「振り込め詐欺」や「オレオレ詐欺」などを含む「特殊詐欺」の被害が止まらない。今年1月から11月末までに、栄警察署の管内では45件で1億7000万円(前...(続きを読む)

  • 民泊新法受け条例案

    横浜市

    民泊新法受け条例案 社会

    住環境に配慮 営業を制限

     一般住宅などで宿泊サービスを提供する「民泊」のルール整備を目的とした「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が2018年6月から施行されることに合わせ、横浜市はこのほど...(続きを読む)

  • 区を越え協働で花植え

    区を越え協働で花植え 社会

    港南・日限山と戸塚・舞岡

     花で2つのまちをつなごう――。港南区と戸塚区の区界周辺にある日限山中学校と日限山小学校、南舞岡小学校、ひぎり連合自治会、舞岡地区連合町内会自治会の5団体が先月...(続きを読む)

  • 「地域共生」で対応

    超高齢社会

    「地域共生」で対応 政治

    2025年見据え、市が計画案

     横浜市は、団塊の世代が75歳を迎える2025年を見据え介護や医療、生活支援などの多岐にわたる施策を盛り込んだ「第7期 地域包括ケア計画」素案を発表した。「地域...(続きを読む)

  • 「たまり場」 活動続けて20年

    「たまり場」 活動続けて20年 社会

    小菅ケ谷地区の高齢者支援

     栄区小菅ケ谷地区で高齢者の交流の場づくりに取り組んでいる市民団体「たまり場こすがや」(田中富美子代表)の活動が今年で20周年を迎えた。節目を祝う式典が21日、...(続きを読む)

  • 緑地開発巡る「署名」続く

    緑地開発巡る「署名」続く 社会

    「まちづくりに市民の声を」

     栄区・上郷猿田地区の開発をめぐり署名活動を続けている市民団体「横浜のみどりを未来につなぐ実行委員会」が、来月10日に迫る署名期限に向けて市内各地で協力を呼びか...(続きを読む)

  • 支給時期早める

    入学準備費

    支給時期早める 教育

    「事前援助」に制度改正へ

     子どもを小・中学校へ通学させるのに経済的な理由で困っている人に対し各種費用を援助する「就学援助制度」。横浜市はこのうち、入学準備費について小・中学校ともに入学...(続きを読む)

  • 女性・学生取り込みに活路

    市消防団員

    女性・学生取り込みに活路 社会

    全国一の増加数に

     全国的に消防団員の成り手不足が叫ばれている中、横浜市消防団では2016年度、全国一となる291人の増加があった。女性や学生団員の増加は顕著だが、依然として定員...(続きを読む)

  • 運転の不安 窓口で相談を

    高齢運転者

    運転の不安 窓口で相談を 社会

    県警 強化旬間定め活用をPR

     車の運転に不安を感じている高齢運転者やその家族に、運転免許試験場や各警察署にある相談窓口を活用してもらおうと、神奈川県警では「高齢ドライバー運転適性相談周知強...(続きを読む)

  • 入居困難者に空き家紹介

    高齢者や障害者など

    入居困難者に空き家紹介 社会

    新法受け市内登録始まる

     賃貸住宅への入居を断られやすい高齢者や低所得者などに空き家を紹介する新制度の開始を受け、横浜市でも先月25日から空き家の登録受付が始まった。市では今...(続きを読む)

  • 中高生の芸術「発表の場を」

    中高生の芸術「発表の場を」 文化

    市民団体が22日から文化祭

     芸術活動に取り組む若い人たちの発表の機会をつくろうと、栄区の市民グループが11月22日から、中高生の作品を集めたアートイベント「わかものなんでもぶんかさい」を...(続きを読む)

  • 芹が谷でも施設整備へ

    やまゆり園再生

    芹が谷でも施設整備へ 社会

    小規模分散で地域と共に 

     神奈川県は先月14日、殺傷事件があった相模原市緑区の県立障害者施設「津久井やまゆり園」の再生基本構想を発表した。園のあった同区・千木良と、仮入居先となった港南...(続きを読む)

  • 医師がスマホで育児相談

    医師がスマホで育児相談 社会

    栄区で臨床研究を開始

     夜間に子どもが急な発熱。そんな時にスマホを使ってお医者さんに相談――。こんな新たな試みが1日から栄区内で始まった。産後うつや虐待のリスク回避に重要な産後早期の...(続きを読む)

  • バッジ目印にあいさつ広がる

    日下地区

    バッジ目印にあいさつ広がる 社会

    住民グループが発案

     ご当地キャラクターのバッジを目印に住民同士がご挨拶――。こんな取り組みが港南区の日下地区で浸透しつつある。今年5月から始めて半年。バッジのほかにもキ...(続きを読む)

  • 2区菅氏、4区早稲田氏 選挙区制す

    衆院選

    2区菅氏、4区早稲田氏 選挙区制す 政治

     22日に投開票された衆院選は、神奈川2区(港南区・南区・西区)で自民党の前職・菅義偉氏が8回連続の当選を決めた。神奈川4区(栄区・鎌倉市・逗子市・葉山町)は立...(続きを読む)

  • いじめ防止で新方針

    横浜市

    いじめ防止で新方針 教育

    「受けた側に立脚」明確化

     横浜市は6日、「いじめ防止基本方針」を改定した。東京電力福島第1原発事故で横浜市に自主避難した男子生徒へのいじめ問題を受け、いじめの定義に「受けた側に立った判...(続きを読む)

  • 1500人分のお菓子を用意

    丸山台ハロウィン

    1500人分のお菓子を用意 経済

    仮装コンテストには豪華賞品も

     港南区の上永谷駅周辺に位置する丸山台いちょう坂商店会が29日に開催するハロウィンイベントに向けて準備を進めている。3年目の今年は過去最多となる1500人分のお...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

1/25家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

2月3日(土)税の無料相談会

13時~15時。会場は港南地区センター。事前申込みを。

http://www.miwa-chiemi.jp

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

食と工芸の「大九州展」

京急百貨店

食と工芸の「大九州展」

鹿児島特集

1月24日~2月1日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク