幸区版 掲載号:2016年2月26日号

行財政改革に取り組む 政治

河野市議 新春の集い

抱負を語る河野市議
抱負を語る河野市議
 河野忠正市議(公明)は2月14日、新春の集いと市政報告会を産業振興会館で行った。当日は支援者ら約200人が来場した。

 挨拶に立った河野市議は「地域の皆さん一人ひとりの声を議会にお届けし、党の政策にも生かしています」と話し、「今まで取り組んできたことが、徐々に実現されている」と活動報告を行った。

 成果として、横断歩道の計画的な修繕が行われていることや歩道橋へのネーミングライツを提案し、市が導入することが決まったこと、川崎駅西口周辺をバリアフリーの重点整備地区に位置づけすべきと訴え、工事が始まったことなどを挙げた。また、導入を求め続けててきた市発行の各種証明書を、全国にある主要コンビニ8社で受け取り可能になったことも伝え、「これからも行財政改革に取り組む」と抱負を語った。

関連記事powered by weblio


幸区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年2月24日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/