都筑区版 掲載号:2013年8月29日号

野球通じて深める絆

被災地チームを招待

 神奈川県少年野球交流協会が主催する「第35回全日本選抜少年野球交流大会」が8月13日から15日まで県内各地で行われ、仙台市の八幡小少年野球クラブが特別招待枠として招待された。

 これは区内に拠点を置くHit Baseball(下郡稔社長)の協力で実現したもの。同チームメンバーと保護者、関係者など約30人が横浜に招かれた。また大会の前日には都田公園(二の丸14)で同チームとHit Jrが親善試合を行った。試合は1対1の引き分け。試合後には各チーム選手が肩を組み、記念撮影(=写真)も。野球を通して被災地との交流が行われた。

 下郡社長は「東日本大震災から2年半が経ち、あの時の記憶が世間的に風化してきたような気がします。決して忘れることなく、少しでも被災地の方たちと心を通わせたい。今後も都筑と被災地をつなぐ活動を続けていければ」と振り返った。

都筑区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク