旭区版 掲載号:2014年4月24日号
  • googleplus
  • LINE

旭区 生活支援で孤立防ぐ ひかりが丘で個別訪問

社会

事業の対象となるひかりが丘住宅
事業の対象となるひかりが丘住宅
 旭区では今年度の新規事業として、高齢者など要援護者の孤立を防ごうと「市営ひかりが丘住宅相談生活支援モデル事業」を行う。市内初の取り組みで、今年度は高齢化が進む同地区に対する具体的な支援策を検討するため、約2300戸すべてを個別訪問し、実態調査を行う。

 同事業には安心生活創造推進事業(国庫補助金)898万円、旭区区づくり推進事業116万8千円を計上。旭区と市健康福祉局が連携して行う。共助が難しい地区に対して、行政が重点的な支援を行うもので、高齢者や障害者・児など要援護者の孤立を防ぐのがねらい。3年間のモデル事業で、同局担当者は「高齢化が進む集合住宅は市内でも少なくない。3年間の成果を他地区でも応用できれば」と話す。

 今年度は必要な支援策を検討するため、社会福祉法人アドベンチスト福祉会・横浜市ひかりが丘地域ケアプラザ(成瀬志津子所長)に委託し、住宅全戸を個別訪問し、課題を見つけていく方針だ。その結果を受け、具体的な支援策を検討していく。

 市営ひかりが丘住宅は築46年で2325戸の集合住宅。2012年度時点で入居者数は3732人で、高齢化率(65歳以上の高齢者が占める割合)は45・1%と旭区内の平均25・7%を大きく上回っている。

 成瀬所長は「高齢化が進んでいる地区なので、もともと共助の意識は高いが行政としての支援も必要。何が必要とされているかを調査していきたい」と話した。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

夏の全国大会へ

区内2高校

夏の全国大会へ

7月26日号

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク